2/24週末六日町コース

天気:晴れ
朝からきれいな青空が広がっていました。
朝の滑り始めは硬く締まった滑りやすいバーンでしたが、思ったより気温の上昇が早く、すぐにグサグサの春特有の雪へと変化していきました。
今日はスキー子どもの日ということでいつも以上にゲレンデは混雑していました。
そんな状況でしたが今日も朝早くから昼までのたっぷり3時間ほど、集中してスキーを楽しみました。

01

最終日の朝を迎えました。
昨日は朝から晩までしっかりとスキーをしてたくさん遊んだので、子どもたちはぐっすりと眠りこけていたようです。
予想通りに朝から青空が広がっていましたが、気温は思ったほど下がらなかったみたいです。
まあ早い時間はいいコンディションで滑れるでしょう。

今日は帰る日ということで朝からやることがたくさんあります。
スキー出発までに荷物を片付けて、小さい子たちと女性スタッフが使用している大きめの部屋に全員荷物移動をします。
いつものバイキングの食事を満喫して急いで荷物に取り掛かりました。
今回は小さい子が多かったもののみんな行動が早く、8時過ぎにはもうすべての準備が完了。
予想以上に早く出発することができました。

02

ゲレンデは早い時間ということでまだお客さんも少なく、快適に滑り始めました。
気温はグングンと上昇していきましたが、早い時間はビシッと整備された硬く締まったバーンで気持ちよく滑ることができました。
まだ滑っている人も少なかったので、全員の滑りの写真を撮って今日も班ごとにスタートとなりました。

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

チョリ、まっきぃ班は今日も2班合同でのスタート。
林間コースを中心に長い距離を滑りながら安定した滑りを身に着け、徐々にスピードもアップしていきます。
時間はたっぷりとあるので、途中のんびりと休憩も入れながら最後のスキーを楽しんでいました。

14

だいちゃん班の4名は今日はスピードで2つに分け、低学年の2名はゆうえんち、高学年の2名はだいちゃんが受け持ちました。
ゆうえんち班は楽しく滑りながらジャンプ台やウエーブ、そしてゲレンデ上部の急斜面にも挑戦しました。
最後は昨晩遊んだ小山に登って雪遊びも楽しみました。
だいちゃん班は急斜面を含む様々なコースを滑りながら、徐々に足を揃えていけるようなアドバイスを含めた専門的なレッスンを進めていきます。

15

16

11時を過ぎたころ、ひと班ひと班とホテルへ戻ってきました。
朝から集中して滑っていたので半日でもかなり体力を使ったようで、子どもたちはけっこうお疲れ気味。
あとは帰るまで荷物整理に宅急便送りとバタバタが続きます。
その前に最後の昼食、いつもの食堂でメニューは牛丼。
これがなかなか子どもたちには好評で、みんなおかわりをしてたくさん食べていました。

荷物整理と宅急便送りもスムーズ、ずいぶん余裕をもって閉校式&バッチテストの発表となりました。
今回は短いキャンプだったので、バッチテストはレッスン内での評価となります。
一人ひとりゆうえんちからの総評を受けながらバッチを受け取りました。
短い期間でしたけど、みんなそれぞれとても上達しました。
そして何よりもケガも病気によるリタイアもなく、元気に期間中過ごしてもらえたのが一番の評価でしたね。

ホテルの送迎バスに乗ってガーラ湯沢駅へ。
そこから新幹線に乗って東京を目指しています。
新幹線の中では宝探しの景品のお菓子を食べたり、みんなで仲良く遊んでいます。
最後まで元気ですね。

スキーシーズンも残りわずか、ドルフィンスポーツアカデミーでは春休みのスキーキャンプで今シーズンのスキーが終了します。
またキャンプで一緒に滑りましょう!

週末六日町コースディレクター 小山丈二(ゆうえんち)

17

2019年2月24日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama