6/3房総フィッシングキャンプ

天気:晴れ
今日も真っ青な空に覆われた一日でした。
気温も高く絶好の海日和、地引網に始まって堤防での釣り三昧、そして最後はもちろん海に飛び込んで、一日中海を満喫しました。

DSCN3077

初日から遊びまくって、子どもたちは少々お疲れモード。
いくら起こしても、ボーっとして動けない子も・・・今日は朝から地引網が待っています、早く起きんかい!

起きたらすぐに布団をたたんで、海に入れる服に着替え、さらに荷物整理をして荷物を移動。
今日もたっぷりと遊ぶために、朝からいろいろとやることがあります。
スタッフに尻をひっぱたれながら、何とか準備を終えて海岸へと向かいました。

DSCN3024

海岸には、地引網に参加する大勢のお客さんが集まっていました。
我らドルフィンチームに用意されていたテーブルにつき、開始までのんびりと過ごします。
朝から強い日差しが降り注ぎ、体は汗ばんできます。早く海に入りたい。

そして地引網の開始。
初めて経験する子も多く、最初はどのようにやるのか戸惑っていましたが、魚が見えてくるとみんな大興奮。
そんなにたくさんの収穫はありませんでしたが、大きな魚もしっかりと入っていました。
この魚は後ほどお刺身で出てきました。
へんべいが網に引っ掛かっていた小さなイワシをいただいて、その場で背開き、海水でさっと洗って子どもたちが試食。
捕りたてだからこその味わいでしたね。

DSCN3034

DSCN3036

DSCN3037

そして朝食のバーベキューの始まり。
たくさんのお刺身に、焼き魚、イカ焼き、ポテトフライ、天ぷら、そば・うどんにあら汁eto.
みんな朝から、好きなものをお腹いっぱい食べて、大満足のスタートとなりました。

DSCN3052

DSCN3058

DSCN3060

DSCN3062

一旦民宿に戻って、車で今日の遊び場所へと移動します。
本日は本格的な釣りにも挑戦、堤防の釣りポイントに拠点を作りました。
小さい子たちは短い竿を使って、岩場の隙間から獲物を狙う穴釣りに、大きな子たちは長い竿を使った本格的な釣りに挑戦しました。

DSCN3075

DSCN3089

DSCN3090

DSCN3091

DSCN3092

DSCN3095

DSCN3104

穴釣りチームは集中力もなかなか維持できないようで、知らないうちに魚釣りがカニ釣りに変わったり、終いには我慢ができずに早々と海に飛び込んでいきました。
一方本格的な釣りチームは、へんべいからみっちりと釣りのノウハウを教わり、自分の力だけで工夫をして釣りに集中しています。
ちょうど潮が止まっている時間でもあったので、最初はなかなかコツがつかめなかったようでしたが、途中小さな鯖の群れも入ってきて、大物ℋはあがりませんでしたがいい具合に釣果を上げていきました。

DSCN3106

DSCN3107

DSCN3108

DSCN3112

DSCN3114

大きい子たちは釣った魚の処理のお手伝いもし昨日釣った魚も一緒に、ニンニクとオリーブオイルで蒸し焼きにして昼食時に美味しくいただきました。
やはり自分たちで苦労して釣った魚たち、美味しくてあっという間に売り切れました。

DSCN3116

DSCN3120

DSCN3121

DSCN3122

DSCN3124

DSCN3129

DSCN3130

食事が終わって残り1時間弱、最後は・・・もちろん海でしょ!
こんな気持ちのいい日に海に入らない手はありませんね。みんな最後はハチャメチャに大騒ぎをして終了!
名残惜しい中、海を後にしました。

DSCN3141

DSCN3148

民宿に戻って水浴びをし、慌ただしく荷物をパッキング。
最後は岩井駅までのんびりと歩いて、特急電車で新宿へ向かっています。
半分の子は爆睡、残りはまだまだ元気に遊んでいます。
二日間のフィッシングキャンプでしたが、本当に中身の濃い時間を過ごすことができました。
次回のフィッシングキャンプは9月、夏の名残を残した海をまた満喫しましょう!

房総フィッシングキャンプディレクター 小山丈二(ゆうえんち)

DSCN3134

2018年6月3日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama