3/31安比コース(スタンダード/アドバンス)

天気 晴れ
今日も気持ちのいい青空が広がっていました。
滑っているときは心地よい風が気持ちよく、リフトの上ではポカポカとして気持ちよくてウトウトとするような、まさに最高の春スキー日和となりました。
雪は相変わらず、早い時間ほど最高に滑りやすく、夕方になるにつれザクザクの春雪となりましたが、昨日ほどはコンディションも悪くならず、今日もしっかりと滑りました。
33101
朝起きると気持ちのいい青空が広がっています。
ゲレンデはビシッと整備されていて、今日も最高のコンディションでスキーを始められそうです。
今日は土曜日ということで、ホテルもスキー場もいつもよりは多くなるという予想。
そこで今朝は、朝食の開始時間6時半に合わせて動き、早めに支度をしてレッスンを開始しようといった段取りで動くことにしました。
6時20分に子どもたちを起こして、すぐに朝食会場へ。
予想通りお客さんもほとんどおらず、バタバタとせずにゆっくりと食事をすることができました。
(朝から元気だね)

(朝から元気だね)

 

スキーの準備も余裕を持って済ませ、予定通り8時半にはレッスンをスタートすることができました。
きれいに整備された朝一番の最高のバーン。
天気も良かったので、あさイチの空いているメインバーンで、まずは子どもたちの滑りの撮影会をすることになりました。
するとカマキリ班の女の子の一人が、ブーツが擦れて痛いということで、午前中は休憩して様子をみることななりました。
キャンプに来た当初からブーツが擦れて痛かったようで、パッドを貼ったりテーピングをしたりと対処をしていましたが・・・
やはり上級班のスピードと、この春のコンディションで更に擦れてしまったようです。
本人はやる気満々でしたが、まあアドバンスコースはまだ折り返し点です。
ここで半日しっかりと休んで、午後に備えることにしました。
33103
他の班も含めて、残りの子たちが全員出発。
今日は3つの班に分かれてのレッスンスタートとなりました。
まずは4人乗りリフトに今日も全ての班が乗車。
まっきい班のスタンダードから来た年長さん1年生の3名は、林間コースの初級者コースでゆっくりと足慣らしをしながらゴンドラへ向かいます。
33104
33105
カマキリ班は朝一番で一人一人の写真撮影をして、これまたゴンドラへ向かいました。
コンディションがいいこともありますが、それにしてもみんな上達したなあ。
33119
33120
33121
33122
33123
33124
えみさん班は、メインバーンをスピードに乗ったトレインで足慣らし。
2本目で写真撮影をして、これまたゴンドラに乗って山頂を目指しました。
こちらもかなりスピードに乗ったいい滑りをしていました。
33113
33114
33115
33116
33117
写真撮影を済ませたゆうえんちは、ゴンドラの山頂駅でまっきい班と合流。
やまばとコースを今日も下りながら、なるべく長い距離を止まらずに滑る練習をしました。
昨日は転んでばかりと不安定な子たちが、今日はスイスイとスピードに乗ってゆうえんちについてきます。
33106
33107
33108
33109
33110
昨日あれだけ時間のかかったやまばとコースでしたが、今日はあっという間に到着。
その後も4人乗りリフトを中心に、何本も滑りました。
これぐらいの子たちは滑るたびに、目に見えて上達していきます。
午前中の最後には少し急な所でもスイスイと滑れるようにもなりました。
えみさん班はゴンドラを何本も使って、ザイラーコースの急斜面を中心に長い距離を滑りました。
高学年の子たちにはストックワークなどの、細かな体の使い方のレッスンもしました。
この班もかなりスピードが出せるようになり、急な斜面でも安定して滑ってきます。
そしてカマキリ班は、今日も安比スキー場の全面を縦横無尽に滑りながら、大回り小回りと、種目の練習をしました。
これぐらいのレベルになると、目に見えるほどの急な上達はそれほどありませんが、それでも斜面の対応力や強さは格段にアップしています。
何よりもスキーへの取り組みの意識の高さが滑らしいですね。
昼食はいつものように、ゲレンデ下部レストランでのチョイスメニュー。
相変わらずラーメンとパスタ、そしてピザが人気のようです。
レストランは土曜日ということもあり、大勢のお客さんが訪れていました。
明日からは4月。この光景も明日、日曜日が最後になるんですかね?
33125
昼食時には、部屋で休んでいたカマキリ班の子も合流。
いろいろと試行錯誤をして擦れている場所を保護した結果、何とか滑れそうとのことで、午後はまたフルメンバーでのレッスンとなりました。
ゆうえんち&まっきい班はレストハウスでしっかりと休憩を取り、午後は短い時間ですが集中して滑りました。
第2リフトの林の縁やスノーパーク内の、なるべく荒れていない場所を選びながら、力強い滑りを目指していきます。
33111
えみさん班はリフトを乗り継いでゲレンデ上部、急斜面を中心のレッスンを。
そしてカマキリ班は、コブやスノーパークでまた違ったスキーの楽しみを覚えながらのレッスンをしました。
(それでも雪遊びも楽しい)

(それでも雪遊びも楽しい)

33126

今日も朝から夕方までしっかりと滑り、ちょっと早め15時に集合。
みんなでホテル裏の林へと向かい、雪遊び&雪のテーブル作りをしました。
このテーブルは夜のプログラムで使用することに。楽しみですね。
33127
33128
33129
33130
33131
その後はホテルのお風呂に入って夕食。
本日のメニューは中華のコース、また食べ過ぎてしまいました・・・
そしてスキーウェアに再び着替えて、夜の探検へ。
夕方みんなで作った雪のテーブルについて、バーナーでミルクティーを沸かして、みんなでいろいろなお話をして過ごしました。
これも安比らしい和気あいあいとしたプログラムの一つです。
33132
ホテルに帰ったら日記を書いて就寝。
子どもたちの疲れもピークとなっています。
スキーができるのはあと2日、最後まで集中して滑りたいと思います。
31132
2018年3月31日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama

3/30安比コース(スタンダード/アドバンス)

天気 晴れのち時々くもり
本日の安比は平年並みの気温に戻り、空気が澄んだ気持ちのいい青空が広がりました。
午前中はビシッと締まった最高のバーン、それでも午後になるといつもの春雪に戻ってしまいました。
午後になると雲も出てきましたが、終日穏やかな天候となりました。

(最上級班集合!決まってますね)

(最上級班集合!決まってますね)

アドバンスコースの3日目、そろそろ子どもたちの疲れも溜まってきたころ、さすがに今朝はみんな爆睡でした。
(女の子は朝風呂に!と張り切っていたようですが、それも叶わず・・・)
眠い目をこすりながら7時に朝食をとって、今日も朝一番のスキーに備えました。

(しっかりと朝食もとります)

(しっかりと朝食もとります)

スムーズに支度はすんだものの、ここでハプニング発生!
中学生の女の子部屋のカードキーが見つかりません。
食事の後にはカードキーを使って部屋を開けたはずだし?その後は触っていないはずなのに??
部屋の隅々までひっくり返しての、大捜索となりました。
※実は最後はあっけなく解決したのですが・・その真相は子どもたちに聞いてみてください。

そんなこんなで、予定よりもだいぶ遅れてのスタートとなりました。
今日の午前中もゆうえんちが不在の為、カマキリ班とえみさん班の2チームに分かれてのレッスンとなりました。
昨日までの生温かな空気が一変、今日は気温も平年並みに落ち着き、心地よい空気に包まれていました。

遅れを取り戻すべく、朝一番からエンジン全開。
2つの班とも安比スキー場のコースというコースを、縦横無尽に滑りまくりました。
夜に冷えたおかげで、きれいに整備されたコースはビシッと締まっていて、最高のレッスンバーンとなっていました。

(何だかんだで、やっとレッスンスタート)

(何だかんだで、やっとレッスンスタート)

えみさん班は、安比最長の滑走距離を誇るやまばとコースを中心に、長い距離を滑りながらスピード次元をあげていきます。
カマキリ班は、今日は種目別の練習。大回り小回りを色々なバーンを使っての講習となりました。

(あさイチのバーンは最高でしたね)

(あさイチのバーンは最高でしたね)

33005

(あさイチのバーンは最高でしたね)

(あさイチのバーンは最高でしたね)

一方スタンダードコースも続々と東京駅に集まってきます。
(とは言っても5名ですが・・・)
年長さん2名、小1が2名、そして中3が1名と、超でこぼこメンバー。
人数も少ないので開校式もあっさりと、そして保護者の皆さんに見送られながら出発しました。

(これから乗る新幹線をバックにご機嫌です)

(これから乗る新幹線をバックにご機嫌です)

新幹線の中では、中3のタイチ君が小さい子たちの面倒を見てくれていたので、スタッフはとても幸せでした。
その後のバスも順調に走り、予定通りに安比グランドホテルに到着しました。
金曜日だったので、昨日までよりもお客さんが多かったようです。

33008

スタンダードコースの昼食は、アドバンスコースの初日と同じくカレー・パスタ・その他ごちそう色々のバイキング。
新幹線の中から「お腹空いた~」と騒いでいた子たちにとっては、至福の昼食だったようです。

食後は急いで着替えてゲレンデへ、そこで午後のレッスンを始めていたカマキリ班、えみさん班と合流して全体のレッスンがスタートしました。
この時間になるとゲレンデは荒れ放題、スキー場上部は硬い雪が削れてカチンカチンのアイスバーン、下部はグサグサの重たい雪。
さらには夕方になると、その荒れた状態がそのまま固まるという、ハードなバーンへと変わっていきました。

33009

33010

33011

330129

今日から合流のスタンダードの子たちにとっては、かなり苦労した初日でしたが、どの班もゴンドラに乗って山頂からも頑張って滑りました。
最後はクタクタになりながらホテルに到着、よく頑張りましたね。
明日の朝一番はいいコンディションで滑れることを祈りましょう。

(仲間が増えると賑やかで楽しいですね)

(仲間が増えると賑やかで楽しいですね)

スキー後はホテルの温泉で汗を流して、夕食までのんびりと過ごしました。
スタンダードの子たちも、すっかりアドバンスの子たちに馴染んできました。

今日の夕食は子どもたちの大好きな焼肉、しっかりスキーをした分、みんなしっかりと食べていました。
今日から人数が増えたので、ホテルの小宴会場を借りての集まりとなりました。
みんな疲れているので、簡単なゲームと自己紹介で終了。
短い時間でしたが、全員で仲良く遊んで楽しめました。雰囲気もなかなかいい感じ。

(焼肉にごきげん)

(焼肉にごきげん)

33015

部屋に戻って日記を書いて本日は終了。
今日もしっかりと寝てくれることでしょう。

(これは確実に太るな・・・)

(これは確実に太るな・・・)

2018年3月30日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama

3/29木島平コース(スタンダード/アドバンス)

天気:晴れ(我々の帰京後木島平は夜になって久々の雨) 時折薄い雲が覆って霞がかったような空色。
深夜0時~夜明け前は気温が0℃近くまで下がり、夜の内に圧雪を終えたゲレンデは期間中で最も硬い状態となっていた。
日中は安定した晴天。10時頃までは圧雪状態が良好であったが、その後は急激に雪が緩んでいった。

(少し霞んだ青空ながら、キャンプ終了に至るまで安定した気候)

(少し霞んだ青空ながら、キャンプ終了に至るまで安定した気候)

結果的に木島平コースは5日間連続晴天。
アドバンスメンバーは日焼け止め塗布の甲斐なく、顔がカフェラテの如くパンダ顔になり、通称“オニガワラゴンゾーさん”が続出。
花粉症一族は鼻のカミ過ぎで鼻の周りや唇がゴワゴワカピカピ。鼻血ブー!になる人も多かった。

(こ、この雪焼けは…)

(こ、この雪焼けは…)

(日焼け止めの効果無し!)

(日焼け止めの効果無し!)

(元祖“ゴンゾーさん”登場)

(元祖“ゴンゾーさん”登場)

 

一日の概要:木島平スタンダード&アドバンスコース共に最終日(スタ3日目/アド5日目)
スキー滑走は雪の状態が良い午前11時頃まで。
スタンダードコースはコブ斜面やポールコース滑走に挑戦するなど、最後まで元気いっぱい。
アドバンスコースはポールレース「どるふぃんカップ2018」を開催。
昼食後に撤収。木島平スキー場に別れを告げ、夕刻帰京。
春の木島平コースはFinish!!

(木島平コースFinish!!)

(木島平コースFinish!!)

 

深夜0時 スタンダードメンバーは安眠
パノラマランドの深夜は静か。
目立ったホームシックや体調不良もなく、子どもたちは熟睡。
寝相は悪いけど… 日中に頭と体をたくさん使って、更に夜のゲーム大会で大はしゃぎして皆疲れてはいたが、逆にそのおかげで深く眠れたようだ。
スタッフの皆さんもお疲れさま。

(雪月花に触れられるのも春スキーならでは)

(雪月花に触れられるのも春スキーならでは)

深夜1時半 アドバンスメンバーも安眠
パノラマランドからドムハウスに戻ると起きていたのはスタッフ数名だけ。館内は静まり返っていた。
高校3年生にとっては最後の夜。羽を伸ばして夜更かしするのかと思っていたが、レースに備えてスキー板のチューンナップをして早々に休んだらしい。
なかなかやるな。何年もかかったけど、、ようやくそこに辿り着いたか。

6時 スタンダードコースの子どもたち自主的に(勝手に)起床。
スタッフの「あと10分…」の願い、届かず。
廊下に活気(?)が戻る。

6時半 アドバンスコースなかなか起床できず…
皆で一致団結して「あと10分…」
館内、静寂を維持。

7時 両コース共に朝の集い
スタンダードコースはスキーの為の服装準備を早々に整えて大広間に荷物を移動。
体操&ゲームを行い、頭と体が早くもフル稼働。

(スタンダードコース、朝の集い)

(スタンダードコース、朝の集い)

180329_kijimadaira_as (13)

アドバンスコースは居間でミーティング。
ポールレースに向かう上で勝負魂に点火。今日は自分との勝負。覚悟。

7時15分~8時20分 両コース共に朝食~レッスン開始
最終日ともなると、寄宿地での生活にもすっかり慣れて、お決まりの生活リズムが出来あがってくる。
スキーブーツを履き終えて外に出るまでの一連の流れが、労せずともできるようになると(半ば別の事を考えながらでもサラッと出来るようになると)一人前のスキーヤー。
子どもたちは… まだまだそうはいかないか。

(中学生や高校生になっても手がかかるもんなぁ…)

(中学生や高校生になっても手がかかるもんなぁ…)

8時半~ 最終レッスン開始
朝一番の綺麗に圧雪されたバーンでスピーディー且つなめらかに滑っていくスタンダードコースの子どもたち。
前に、前に、どんどん滑っていこうとする意欲が感じられる。
何よりも楽しそうに笑顔で滑っているのがいい。
また、夢中になって滑っているのがいい。
上達に一番欠かせない要素(大人になると失いつつあるもの)をスタンダードコースの子たちはいとも簡単に手に入れた。

180329_kijimadaira_as (1)

180329_kijimadaira_as (2)

180329_kijimadaira_as (36)

180329_kijimadaira_as (35)

180329_kijimadaira_as (20)

180329_kijimadaira_as (21)

180329_kijimadaira_as (22)

180329_kijimadaira_as (23)

180329_kijimadaira_as (44)

180329_kijimadaira_as (43)

180329_kijimadaira_as (41)

180329_kijimadaira_as (42)

9時 アドバンスメンバーによるポールコースインスペクション(試走)
ポール&フラッグ、スタートバー&計測器、ゴールフラッグなど設置完了。
コースを試走しながら個々に集中力を高めていく。
間もなく本番一発勝負。気持ちと身体をピークにもっていけるか。

180329_kijimadaira_as (19)

(出場選手たちが続々とスタート位置に集まってきた)

(出場選手たちが続々とスタート位置に集まってきた)

(ディフェンディングチャンピオンが背負うプレッシャーは想像を絶する)

(ディフェンディングチャンピオンが背負うプレッシャーは想像を絶する)

180329_kijimadaira_as (24)

180329_kijimadaira_as (25)

180329_kijimadaira_as (38)

9時15分~10時 『どるふぃんカップ2018』開催
泣いても笑ってもワンチャンスのガチンコ一発勝負。
5日間の全てを1本の滑りに懸けて自分と勝負。
5日間の総括をたった30秒間に凝縮。

(インタースキー日本代表 SIAデモンストレーター最速の小上理恵氏が前走を務めてくれた)

(インタースキー日本代表 SIAデモンストレーター最速の小上理恵氏が前走を務めてくれた)

180329_kijimadaira_as (29)

180329_kijimadaira_as (30)

180329_kijimadaira_as (31)

180329_kijimadaira_as (32)

180329_kijimadaira_as (33)

その頃スタンダードメンバーは… なにしてんだろ?

180329_kijimadaira_as (37)

(コブコブも果敢に滑った)

(コブコブも果敢に滑った)

180329_kijimadaira_as (59)

180329_kijimadaira_as (57)

(アドバンスの大会終了後にポールバーンを滑走)

(アドバンスの大会終了後にポールバーンを滑走)

180329_kijimadaira_as (46)

(…きたきた)

(…きたきた)

(ポテチ~ン!!!)

(ポテチ~ン!!!)

180329_kijimadaira_as (60)

(おまけのソリ遊びも楽しかった!!)

(おまけのソリ遊びも楽しかった!!)

10時40分~11時 両コース共にスキーレッスン終了。
最終日も全メンバーが雪上で元気に滑走。
最後のスキーを、それぞれの思いの中で終えた。

(…キミは何をしとるのかね?)

(…キミは何をしとるのかね? 安静にしてなさい!!)

(スタンダードコース)

(スタンダードコース)

(アドバンスコース)

(アドバンスコース)

11時半 昼食
キャンプ最後の食時は安堵と開放感に包まれるため、みんなよく食べる。
ついつい腰を落ち着けて、ワイワイと語らいたいところだが… キャンプを締めくくらないとね。

12時 アドバンスコースSIA国際スキー技術検定合格発表~どるふぃんカップ表彰式
SIA検定は小上検定員(デモンストレーター)より発表と総評。
今回は受検者全員が目標のメダルを手にした。

(おめでとうございます)

(おめでとうございます)

(難関ゴールドを認定される人はごくわずか※シーズン後スキー雑誌に名前が出るよ)

(難関ゴールドメダルに認定される人はごく僅か※シーズン後スキー雑誌に名前が出るよ)

どるふぃんカップのレース結果は…
昨年度チャンピオンのレース女王リサがまさかの転倒。最下位に沈み連覇ならず。
トップのリサと0.01秒差で準優勝した双璧女王高校3年生リナ(今回SIA検定ゴールド取得)も今年は表彰台を逃す。
最上級班メンバーを抑えて小学生のマユが6位入賞。未来の女王候補か。
問答無用の下剋上。

(Mayu 小学生ラップタイム)

(Mayu 小学生ラップタイム)

 

それでは栄光の今年度ベスト3は…

(第3位Aki 長年追い続けた姉Rinaを倒して初の表彰台)

(第3位Aki 長年追い続けた姉Rinaを倒して初の表彰台)

(準優勝Baba 幻の高速ババ滑り復活! 3位Akiと0.01秒差で2位)

(準優勝Baba 幻の高速ババ滑り復活! 3位Akiと0.01秒差の2位 高校3年生有終の美)

(優勝Nao 高校1年生が初の栄冠)

(優勝Nao 高校1年生が初の栄冠)

(栄光のベスト3 表彰式)

(栄光のベスト3 表彰式)

まだまだスタッフ勢の足元にも及ばぬタイムではあったが…大健闘に拍手。

(常に立ちはだかるスタッフ勢の壁)

(常に立ちはだかる高い壁 スタッフ勢の意地)

(何度挑んできても跳ね返す!)

(何度挑んできても跳ね返す!)

12時半 DSAスキー検定バッチ認定~閉校式
おおかた荷物整理や帰り支度が整ったタイミングで閉校式。
スタンダードコースは大広間で総括と認定式を行い、一人一人にバッチが授与された。
バッチ以上に、スタッフからの助言やメッセージを大事にしてほしいものだが… そうもいかないか。

180329_kijimadaira_as (65)

180329_kijimadaira_as (62)

180329_kijimadaira_as (63)

アドバンスコースのDSAスキー検定の発表は… 壁に検定用紙をベタっと貼っておいたから各自で暇な時に確認しておいて。(なんて適当な…)

180329_kijimadaira_as (7)

(レース結果も掲示しておいたよ)

(レース結果も掲示しておいたよ)

13時 両コース共に木島平スキー場を出立
スタンダードコースはパノラマランド木島平の皆さんに御礼とご挨拶。
アドバンスコースはドムハウス並びに江畑校長先生に見送られて出発。
再会再来を約束して… 春爛漫の景観となった飯山の街へと下っていく。

(昨日はお世話になりました おかげさまで怪我の回復も順調で…)

(昨日はお世話になりました おかげさまで怪我の回復も順調で…)

14時11分 両コース一緒に北陸新幹線はくたか564号乗車
一路東京へ。
復路は約70名の旅。
あっという間に都心へ。

180329_kijimadaira_as (50)

(お姉さんはアドバンスコース 弟くんはスタンダードコース 来年は二人ともアドバンスコースへ!)

(お姉さんはアドバンスコース 弟くんはスタンダードコース 来年は兄弟みんなでアドバンスコースへ!)

180329_kijimadaira_as (53)

15時52分 東京駅着~解散式
お迎えありがとうございました。
解散。  …なかなか解散しないな。名残惜しいのか、な。

それぞれの春。
進級・進学おめでとうございます。
高校3年生、ドルフィンキャンプ卒業。巣立ち… できる?

(最初は誰もが一人だったけど…スキーキャンプを続けてかけがえのないものと出会った)

(最初は誰もが一人だったけど…スキーキャンプを続けてかけがえのないものと出会った ダイゴ/リナ/サエ/タイキ/リホ 巣立ち)

来シーズンに向けて。今日が正にスタート。
心身を鍛え、しっかりと準備して、また熱い冬を迎えよう。

ディレクターしじみより

(さてと…スキー用具は放り出して花見の準備だな)

(さてと…スキー用具は放り出して花見の準備だな)

 

『どるふぃんカップ2018』

前走 小上理恵氏(インタースキー日本代表/SIAデモンストレーター※女性最速レーサー/木島平プロスキースクール所属)
スタート審判 佐伯知彦氏(SIAアルペンイグザミナー/木島平プロスキースクール所属/来年エベレスト登頂予定)
ゴール審判 松﨑健克氏(インタースキー日本代表/SIAデモンストレーター※男性最速レーサー/木島平プロスキースクール所属)

大会協賛 木島平プロスキースクール  木島平観光株式会社・木島平スキー場

監修 江畑昌英氏(SIA理事/木島平プロスキースクール校長)

ご協力ありがとうございました。

大会本部長 遠藤宗一(しじみ)

2018年3月29日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo

3/29安比コース(アドバンス)

天気 曇り(時々晴れたり、急に風が出たり、雨が降ったり・・・)
終日曇りがちのお天気でした。
気温は今日も高めで、夕方になるにつれて滑走性の悪い、いわゆるストップスノーとなってきました。
昼頃には一時太陽も顔を出しましたが、その後はまたもや曇り空に、急に突風が吹いたかと思えばざっと雨が降ったりと・・・
まあ変化に富んだお天気となりました。
(一日中滑ってクタクタです)

(一日中滑ってクタクタです)

朝起きると空は雲に覆われていて、雨は降ってはいませんでしたが生温かな風が吹いていました。
東北地方に前線が通過するそうで、曇りがちそして雨も降るような予報が出ていました。
そんなお天気ですから、本日の朝の集いは中止。部屋でゆっくりと疲れを癒してスキーに備えることにしました。
朝食はバイキング。おいしそうな料理が並んでいましたが、子どもたちの食欲は控えめ。
まあこれもキャンプが進んでいくにつれ、どんどんと食欲が増すのもいつものパターンですが。
昨日の活動日記でも書きましたが、春スキーは早い時間に出発するのががポイント。
食事の後は急いで支度をして、8時半には出発することができました。(ちなみにリフトが動き始めるのも8時半~です)
(本日は男の子チームでレッスンスタート)

(本日は男の子チームでレッスンスタート)

風が吹いているのは朝と変わりませんでしたが、空を覆っている雲は薄め、どうやら午前中は雨の心配はなさそうです。
まずは動き始めたばかりの4人乗りリフトに乗車して、昨日同様、リフトを降りたスペースで体操となりました。
今日は子どもたちの滑りをビデオに収めます。
ところが山頂付近の風が強いらしく、ゴンドラが運転見合わせに。
とりあえずリフトを使ってレッスンをしながら、様子を見ることにしました。
午前中はゆうえんち班とえみさん班が一緒に行動、まずは2班合同での撮影会となります。
4人乗りリフト沿いのメインバーンをまずは足ならし、雪は朝一番から緩みだしていましたが、きれいに整備されたバーンの表面は適度に硬く、滑走性の高い気持ちのいい雪でした。
ビデオ撮影時にも、子どもたちは気持ちよさそうに滑っています。
もちろんゲレンデはガラガラ、みんな思い思いのシュプールを描きました。
032903
032904
032905
032906
032907
032908
その頃カマキリ班は、今日から本格的なレッスンが始まりました。
検定でも使用する第3リフト沿いの中級者コースを中心に、いろいろなバリエーションの練習を積んでいきます。
さすがに意識の高い子どもたち、みんな真剣そのものです。
032911
032912
032913
032914
032915
ゆうえんち・えみさん班も徐々にゲレンデ上部に移動、そうこうしているうちに運転見合わせ中だったゴンドラも動き出し、みんなで山頂を目指しました。
ゆうえんち班は昨日、山頂からは使いましたが、今回は上級コースの急斜面にも挑戦。
ゲレンデが荒れていないこともあって、まったく問題もなくスイスイと滑り降りてきました。
ちびっこお二人さん、なかなか頑張っています。
032909
032910
えみさん班とはここでお別れ、同じ急斜面を使って、こちらは細かな体の動きの練習をしました。
変わってカマキリ班はビデオ撮影、各班それぞれ思い思いに練習をして、11半過ぎに昼食場所のレストハウス「安比プラザ」に集まってきました。
午前中だけでも約3時間、たっぷりスキーができました。
032916
032917
安比コースの昼食は、スキー場のレストランでいくつかのメニューの中から好きなものを選びます。
ラーメン4種にパスタにピザ、冷麺にソースかつ丼など・・子どもたちの今日の人気はラーメンとパスタでしたね。
パスタには山盛りのフライドポテトがついていたので、そちらが人気だったかな?
食後は小一時間ほどレストハウスで休憩して、すぐに午後のレッスンにとなります。
午前中たっぷり滑ってちょっとお疲れ気味の年長さんのリヨウ君はここで終了、ゆうえんちと一緒にホテルに戻って休憩となりました。
安比アドバンスコースは長丁場、無理をせず自分のペースで動くことがとても大切です。
午後の講習は、カマキリ班=女性チーム、えみさん班=男性チームでスタートとなりました。
(何をやってるんでしょうか??)

(何をやってるんでしょうか??)

生暖かい風にさらされたゲレンデは徐々に滑走性が悪くなり、急にブレーキの掛かる、いわゆるストップスノーになってきました。
また昼頃は安定していた天候が急変、急に突風が吹いたかと思ったら、ザっと雨が降ってレストハウスに避難したりと・・・
まさに春の天気&ゲレンデに翻弄されました。
それでもめげないのが安比コースの猛者たち、今日もしっかりと15時半頃までスキーをしました。
(最後は全員でトレイン)

(最後は全員でトレイン)

(今日も無事に終了しました)

(今日も無事に終了しました)

さすがにみんなクタクタ、足もかなり疲れが溜まっていました。
その反面、しっかり休んだリヨウ君は元気いっぱい。
そこで今日はお楽しみの温泉、安比温泉白樺の湯へと出かけることに。
ちょうどそのタイミングで、スタンダードコースのお迎えに東京へ戻るゆうえんちと一旦さよならとなりました。
(ゆうえんちが東京へと戻ったので、ここから先は今後の予定ということで)
温泉から戻ったら、今日の夕食は和食レストランでの和食コース。
夜のプログラムは、今日撮影した子どもたちの滑りを確認しながら、スタッフがアドバイスをします。
明日のスキーレッスンに活かせるといいですね。
明日は引き続き、午前中はアドバンスコースのみでのスキーレッスン。
午後はスタンダードコースが合流してのリスタートとなります。
予報では不安定な天気は今日まで。明日から天気も回復し、気温も平年並みに戻るとか??
最後まで体調をしっかりと整えて、元気に滑りたいですね。
032921
2018年3月29日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama

3/28木島平コース(スタンダード/アドバンス)

天気:快晴 本日も陽射しが強く気温上昇。
木島平スキー場は圧雪地帯が幅広いので、10時半頃までは雪質の良さが保たれた箇所が多くて高速滑走を楽しめた。
青空の下でのスキーは気分が良いが、熱疲労や露出した肌へのダメージには最大警戒が必要な一日だった。

(今日も快晴)

(今日も快晴)

(まだ朝8時ですが!?)

(まだ朝8時ですが!?)

一日の概要:木島平スタンダードコース中日の2日目/アドバンスコース4日目。
ゲレンデの雪質が良い午前中に重点をおいての滑走。
スタンダードコースは5つのスキー班に分かれてレッスン。
アドバンスコースは午前にDSAスキー検定の技能テストを、午後は希望者を対象にSIA国際スキーテストを実施。
夜はスタンダードコースがチーム対抗大ゲーム大会。
アドバンスコースは恒例の鍋パーティー。

(ノビノビとスキーを楽しんだ)

(ノビノビとスキーを楽しんだ)

 

6時~6時半頃 両コース共に起床時間
スタンダードコース、早々に目が覚めてしまったようで… パノラマランドの館内の廊下に響く子どもたちの声。
スタッフ一同、「もうちょっと寝ていたかった…」が本音か。
一方でアドバンスコースは4日目ということもあり、目覚めが遅い。私しじみが早起き一番乗りという珍しい出来事が起こる。(でも雨は降らず快晴)

(おっはよー!! 朝だよー!!)

(おっはよー!! 朝だよー!!)

7時 両コース共に朝の集い
スタンダードコースはパノラマランド大広間にて。
アドバンスコースはドムハウスの居間にて
「魔の4日目※慣れてきた頃に起きる事件や事故」に際しての注意事項と一日の予定を確認。

(パノラマランド大広間にて…朝の集い)

(パノラマランド大広間にて…朝の集い)

7時15分~8時頃 両コース共に朝食
スタンダードコースはパノラマランドにて朝食バイキング。
アドバンスコースは初日や二日目に比べて少し食欲が落ちているかも。
しかし体調を崩している子はおらず、“生あくび”をする子もいない。緊張感を保っている模様。

180328_kijimadaira_as (53)

180328_kijimadaira_as (52)

180328_kijimadaira_as (80)

8時20分 アドバンスコース滑走開始
8時45分 スタンダードコース滑走開始
朝一番のゲレンデはビシッと圧雪されたバーンが広がって気持ち良い。

(アドバンスの宿ドムハウス前からゲレンデ下方向 リフト乗り場辺りにスタンダードコースの宿パノラマランドがある)

(アドバンスの宿ドムハウス前からゲレンデ下方向を臨む リフト乗り場辺りにパノラマランドがある)

アドバンスコースは圧雪コンディションの良い午前中にDSAスキー検定の技能テスト。
朝一番のファーストトラックでスキー場の上から下まで、最上級班は総合滑走検定。
その他の班も順次、綺麗に圧雪された場所を選択して滑った。
テスト、と言うと変に意識して「難題に挑まなくてはいけない」と気持ちが追い詰められる人もいるけど、「テストが一番楽しかった!最高!」と言える条件で滑るのもまた良い。

180328_kijimadaira_as (24)

180328_kijimadaira_as (29)

180328_kijimadaira_as (31)

180328_kijimadaira_as (26)

180328_kijimadaira_as (25)

180328_kijimadaira_as (28)

180328_kijimadaira_as (30)

180328_kijimadaira_as (27)

180328_kijimadaira_as (22)

180328_kijimadaira_as (23)

180328_kijimadaira_as (11)

180328_kijimadaira_as (10)

 

スタンダードメンバーも条件の良い斜面でノビノビと滑っている。
それではスタンダードコースのスキー班を紹介しよう。

レッドAチーム(担当:ガミコ/あらまこ/さえぴょん)
ビギナーやスキー経験がまださほど多くない子、及び幼児のチーム。全6名。
上達速度が著しく早く、第6リフト沿いのロマンスコースや第11リフト沿いのパーフェクトコースを流れるように滑ってくる。
雪が荒れてバランス維持が難しくなった昼以降も、気力体力を維持して元気に滑走。
中には斜面滑走しながらスケーティングで加速する技術を無意識に行っている子も。(高い身体能力!)

180328_kijimadaira_as (3)

180328_kijimadaira_as (1)

180328_kijimadaira_as (4)

180328_kijimadaira_as (2)

 

レッドBチーム(担当:ぱっぽう/パン)
プルークボーゲンに必要な基礎的な運動を習得しつつあるメンバー。全5名。
雪や用具の重量を跳ね返すだけの筋力や力強さには欠けるが、意欲が高く元気いっぱい。
ストックをしっかりと持って滑走姿勢を維持し、初級者コースではある程度の距離をおいても自力でスピードやターン弧を判断&調整できる。

180328_kijimadaira_as (70)

180328_kijimadaira_as (71)

180328_kijimadaira_as (72)

180328_kijimadaira_as (73)

180328_kijimadaira_as (74)

180328_kijimadaira_as (69)

 

レッドCチーム(担当:こじこじ)
フォールラインに向かっていく滑走のみならず、雪上及びスキー全般にまつわる一連の基本所作をある程度自立して行うことのできるメンバー。全6名。
分かりやすく言うと、「スキーやキャンプにだいぶ慣れてきて、頼もしくなってきたね!」、、っていう感じの子たち。(及びそれに準ずる経験値をもつ子)
機動力があって、スタッフの手を借りずとも動ける場面(衣類や用具の着脱などもスキーヤーとしての必須行動)が多いので、自ずと滑走量も多くなる。
今日は朝一番でスカイフォーリフトに乗って、木島平のメインバーンを滑走。
斜度20度くらいの中級者コースにおいて、やや慎重ながらも安定した滑走ができる。

180328_kijimadaira_as (54)

180328_kijimadaira_as (56)

180328_kijimadaira_as (57)

180328_kijimadaira_as (58)

180328_kijimadaira_as (55)

180328_kijimadaira_as (40)

 

グリーンAチーム(担当:ずぅ)
全7名のチーム。グリーンチームになると、個々に技術的なアドバイスが与えられる。
模倣やトレイン滑走だけでなく、自分なりの課題をこなす力が求められる。
ある程度、スキーにまつわる用語や運動についての理解が無いとレッスンには付いていけない。
子どもたち自身に上達意欲や向上心があって、「習おう」「克服しよう」「挑戦しよう」という気持ちが表に出る。

180328_kijimadaira_as (36)

180328_kijimadaira_as (37)

180328_kijimadaira_as (76)

180328_kijimadaira_as (78)

180328_kijimadaira_as (77)

180328_kijimadaira_as (75)

 

グリーンBチーム(担当:やまと)
整地のみならず、コブやオフピステにも果敢に挑戦していくメンバー。全8名。
“玉砕”する時もあるが、「おっ!」と思わず目を奪われるようなシーンも見せてくれる。ブルーに足る滑りの子もいる。
今日は春特有のストップスノー(ベタ雪)の林間やコブなどを一緒に滑ったが、嬉々としてくっ付いてきた。
真摯に技術を学ぶ時と(やまとのレッスンは為になる)、弾けて遊ぶ時と(しじみと滑るとロクなことにならない)、キャンプ中は双方のバランスをうまくとってね。

180328_kijimadaira_as (33)

180328_kijimadaira_as (34)

180328_kijimadaira_as (35)

180328_kijimadaira_as (32)

 

午前中は雪質が良かった為、スタンダードとアドバンスと合わせて全9つのスキー班がゲレンデのアチコチで元気に滑っていた。
11時半を目途に午前レッスンを終了。

残念ながらここで怪我人発生。
最上級生がコケて肩を脱臼。
すぐに病院で処置をした為、快方に向かったがアドバンス魔の4日目の予感は当たってしまった。

(…後輩たちに示しがつかんだろ)

(…後輩たちに示しがつかんだろ)

12時 両コース共に昼食
スタンダードコースはパノラマランドにて豚丼。
アドバンスコースはドムハウスのカレーライス。

180328_kijimadaira_as (59)

12時半頃~13時半頃 昼休み
休み時間にちゃんと休むって難しい。
大抵の場合はかえって体力を削られるような過ごし方をしてしまうもの。
そこでスタンダードコースでは幼児や1年生の班はお昼寝タイム。

(アドバンスもオネンネしましょうね)

(アドバンスもオネンネしましょうね)

13時半~15時半 午後レッスン
雪が緩んでジャワジャワになったが、集中力を保ってよく滑った。
スキーのコントロールはスタッフでも苦戦するほどだったが、子どもたちはかえって上達が目に見える点がスゴイ。
スタンダードメンバーは昼寝によって回復できた子も多く、今思えば昼休みの過ごし方が功を奏した。
おもけにソリで遊ぶなどの余力もあった。

(おまけのソリ遊び)

(おまけのソリ遊び)

(水分補給と休憩の為にドムハウスに立ち寄ってくれたスタンダードメンバー)

(水分補給と休憩の為にドムハウスに立ち寄ってくれたスタンダードメンバー)

180328_kijimadaira_as (51)

14時半~ アドバンスコースの希望者を対象にSIA検定
SIAのトップデモンストレーター(特にレーシングは最速最強)である小上コーチが検定員を務めた。
結果はお楽しみに。

(日本のトップデモンストレーターを前に緊張でガチガチの一同)

(日本のトップデモンストレーターを前に緊張でガチガチの一同)

15時半~17時頃 入浴&休息
スタンダードコースでは、入浴後にお土産購入タイム。

17時半~ 夕食
スタンダードコースはバイキング。
アドバンスコースは恒例の鍋パーティー

(何を食べようかなぁ)

(何を食べようかなぁ)

(スキーの後の食事はおいしい!)

(スキーの後の食事はおいしい!)

(ちょっとばかり別世界へ…)

(ちょっとばかり別世界へ…)

(ドルフィンキャンプの最大目標はプラチナバッチよりも『鍋奉行』に任命されること)

(ドルフィンキャンプの最大目標はプラチナバッチよりも『鍋奉行』に任命されること)

(各オブギョーサマの個性的な采配が光る)

(各オブギョーサマの個性的な采配が光る)

(鍋奉行はスタッフよりも偉いとされている)

(鍋奉行はスタッフよりも偉いとされている)

(圧倒的な支配力で場を仕切る)

(圧倒的な支配力で場を仕切る)

(やけに腰の低いオブギョーサマ 悪<灰汁>がはびこって仕方ない)

(やけに腰の低いオブギョーサマ 悪<灰汁>がはびこって仕方ない)

19時~夜のプログラム
スタンダードコースはチーム対抗のゲーム大会。声、枯れたね。大興奮!
アドバンスコースは自由時間。自分で判断。

180328_kijimadaira_as (65)

180328_kijimadaira_as (66)

180328_kijimadaira_as (68)

180328_kijimadaira_as (67)

180328_kijimadaira_as (41)

180328_kijimadaira_as (42)

180328_kijimadaira_as (44)

180328_kijimadaira_as (43)

20時半 スタンダードコース就寝準備
ゲーム大会の余波もあってか、なんだかまだまだテンション高い。
いろんなお部屋からお招きをいただきましたが…
“宴たけなわ”ですが今宵はお開きにしましょうか。

180328_kijimadaira_as (49)

180328_kijimadaira_as (48)

180328_kijimadaira_as (64)

180328_kijimadaira_as (63)

(スタッフと一緒に荷物整理してるのかな?)

(スタッフと一緒に荷物整理してるのかな?)

(ちゃんと片付けられるかな?)

(ちゃんと片付けられるかな?)

その頃、ドムハウスでは… キャンプ最後の夜となった高校3年生をはじめ、“ちょっと大人な夜”を過ごしているのか、な。
高校生のお兄さんの怪我の具合が軽くてほんと良かった。
最上級生もスタンダードメンバーや後輩たちを見習って今一度謙虚になるべし。

(鍋奉行の座を奪われるぞ)

(鍋奉行の座を奪われるぞ)

明日は最終日。
アドバンスコースは年に一度の一発大勝負。公式戦ポールレース「ドルフィンカップ」開催。最速レーサーの称号を手に入れるのは!?
スタンダードメンバーは今日同様に絶好のコンディションに恵まれるであろう、朝一番滑走をみんなで楽しむ。
そして…全69名、笑顔で東京に帰ろう。

(…枕はリュックに詰めなくてよろしい)

(…ホテルの枕はリュックに詰めなくてよろしい)

2018年3月29日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo

3/28安比コース(アドバンス)

天気 晴れ
東京は春というより初夏のよう、湿気を伴った暖かな空気で薄く霞がかかるような陽気でした。
北東北の安比に到着しても同じような陽気で、薄着でゲレンデに立っても太陽の照り返しで暑いぐらいでした。
というわけでまさに春スキーそのものといった感じの、ザクザクの重たいコンディションでの初日のスキーとなりました。
(天気は最高!それにしても暑い!)

(天気は最高!それにしても暑い!)

 

ドルフィンスポーツアカデミー2018シーズンの締めくくり、安比コースのスタートです。
いつもであれば帰るころに満開の桜が、今年は出発時には東京は満開状態、こんな陽気で雪はあるんでしょうか?
今回の安比コースは6日間のアドバンスコースと、4日間のスタンダードコースの2本立て。
参加者・スタッフを合わせると約20名と、ここ最近のこじんまりとした安比コースに比べると大所帯。
またいつもの雰囲気と違った安比コースが期待できるかな?
032801
032802
アドバンスコースから参加の子どもたちは、安比コースの常連さんが中心。
学年もスキー技術も高めの子たちが揃いました。
そしてスタッフもいつもの3人の中年たち、これは代り映えしませんね・・・
(新幹線の中では爆睡したり)

(新幹線の中では爆睡したり)

(こちらは元気いっぱい)

(こちらは元気いっぱい)

新幹線~バスと乗り継ぎ、お昼に安比スキー場に到着。
さすが北東北のスキー場です。この陽気の中でも全面びっしりと雪がついています。
テンションもおのずと上がります。
今回泊まるホテルは安比グランドホテル。
スキー場が目の前で使い勝手は最高なんですが、ツインの部屋が中心でオートロックのカードキーなどなど・・・鍵の管理などでちょっと慣れるのに苦労しそうです。
まあ細かなことは後にして、まずは昼食です。
朝が早かったのでお腹がペコペコ、みんなでレストランに向かいました。
最初の昼食は、カレー・パスタを中心としたバイキング。
和風・タイ風・欧風・インドカレー・そしてお子さまカレーなどの数種類のカレーに、これまた数種類のパスタ。
ピザにサラダにタンドリーチキンなどのおかず、そしてラーメンにアイスクリームなどなど・・最初からガツン!と豪勢な安比の食事を楽しみました。
(最初の昼食から豪勢です)

(最初の昼食から豪勢です)

 

お腹が満腹になったら早速スキーに出かけます。
それにしても暑い!
できるだけ薄着にして出かけても、汗ばむほどの陽気。
太陽の照り返しも強烈に強く、露出している肌がジリジリと焼けこげるようです。
この気温で緩んだぐさぐさの雪でしたが、シーズン終盤ともありゲレンデはガラガラ、のびのびとスキーができそうです。
(入念に準備体操を)

(入念に準備体操を)

全員がグリーンバッチ以上のレベルだったので、まずは目の前の4人乗りリフトに乗車、リフトを降りたところで入念に体操をしました。
その後、正面のメインバーンで足慣らしがてらクラス分けをしました。
女の子5人全員がカマキリ、ブルーバッチの4・5年生の男の子3人がえみさん、そして年長・2年生の男の子2人がゆうえんちと一緒に滑ることになりました。
まずは全員でゴンドラに乗って山頂を目指します。
ここ安比スキー場は、最長のコースが5.5kmもある日本有数のビッグゲレンデ。
上から1本滑るだけでも、かなりの滑りごたえがあります。
初めて安比に来た子は、ゴンドラに乗ってどんどん小さくなっていくホテルを見ながら、少々不安げな表情も浮かべていました。
(ゆうえんち班)

(ゆうえんち班)

(えみさん班)

(えみさん班)

(そしてカマキリ班)

(そしてカマキリ班)

山頂でも変わらず気温は高め、雪も重たい春雪でしたが、3つの班それぞれに元気に滑り出していきました。
ゲレンデは変わらずガラガラ。
そんな中、リフトが止まる16時まで、みんな最後まで頑張って滑りました。
重たい雪でもしっかりと滑っていましたね。
(暑くて歩くのも一苦労)

(暑くて歩くのも一苦労)

(でも滑り出すと快調です)

(でも滑り出すと快調です)

 

ホテルに戻ったら早速お風呂に。
ここ安比グランドホテルの大浴場は温泉。ゆっくりと汗を流しました。
明日は露天風呂もある温泉にも出かけますよ。
(すっかりリゾート気分ですね)

(すっかりリゾート気分ですね)

 

本日の夕食は中華。
今回はいろいろなレストランで、いろいろなジャンルの食事を贅沢に楽しみます。
前菜から締めのチャーハン、そしてデザートまで、ゆっくりと2時間もかけて食事を楽しみました。
(おしゃれな夕食でした)

(おしゃれな夕食でした)

 

夜はスタッフ部屋に集合してのミーティング。
みんな疲れていたので、簡単なスケジュールの確認と6日間の過ごし方の話し、そして日記の書き方を説明して早めに解散となりました。
今日はしっかり休んで明日に備えます。
明日からはいよいよ本格的にスキーレッスンが始まります。
春スキーはコンディションの良い早い時間に集中して滑るのが鉄則。
明日はできるだけ早く出て、みっちりとスキーをしていく予定です。
またそれぞれの今の段階での滑りをビデオに収めて、夜はビデオレッスンとなります。
今の滑りが最終日にどれだけ変わるか、楽しみですね。
032814
2018年3月28日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama

3/27木島平コース(スタンダード/アドバンス)

天気:晴れ 日中は雪上でも気温が20℃近くまで上昇。
春スキーらしい解放感に満ちた景観ではあったが、熱中症には要警戒の一日となった。
紫外線、花粉など目に見えぬ脅威にも包まれているのも春ならでは、か。
一日を通してほぼ無風。ナイタースキー時の体感温度が最も過ごしやすかったように思う。

(今日も晴天! 朝一番のコンディションは最高)

(今日も晴天! 朝一番のコンディションは最高)

(…スキー場とは思えぬ気温)

(…スキー場とは思えぬ気温)

(ずいぶんとダラしない格好で滑っている人たちがいると思ったら…)

(ずいぶんとダラしない格好で滑っている人たちがいると思ったら…)

(ウチの最上級生たちでしたか…)

(ウチの最上級生たちでしたか…)

180327_kijimadaira_as (61)

(日中はホント暑かった!)

(日中はホント暑かった!)

(外に出るなら夜の方が快適!?)

(外に出るなら夜の方が快適!?)

一日の概要:木島平スタンダードコース初日/アドバンスコース3日目。
スタンダードコースが初日を迎えて木島平スキー場入り。総勢40名。
アドバンスコースは子どもたちだけで一日の予定を立てて自由に過ごす「スペシャルクルージングデー」
夜はドルフィンスポーツアカデミーの為の特別ナイター営業。希望者を対象にナイタースキーレッスンを行った。

本日、木島平コースはスタンダードとアドバンスを合わせて(スタッフも含めて)、全69名が木島平スキー場に集った。

(スタンダードコースも…)

(スタンダードコースも…)

(アドバンスコースも…)

(アドバンスコースも…)

(幼児の子たちも…)

(幼児の子たちも…)

(小学生も、中学生も、高校生も…)

(小学生も、中学生も、高校生も…)

(みんなのエネルギーが集まり、そして放たれた一日)

(みんなのエネルギーが集まり、そして放たれた一日)

6時~6時半 アドバンスコース起床
連日気温が高く紫外線が強い為、身体の芯に残る疲労を拭うことはできないが、皆スキーヤーとして自覚と緊張感を保っている為自ずと健康状態も維持できている。

6時50分~7時20分 スタンダードコース東京駅集合
早朝集合となった為、どのご家庭でも今朝は慌ただしい時間を過ごしたことだろう。
参加者32名、スタッフ7名が東京を発つ。(私しじみとずぅの2名は現地で合流)

(20番線よりはくたか553号が間もなく発車いたしま~す)

(20番線よりはくたか553号が間もなく発車いたしま~す)

7時15分 アドバンスコース朝食
スキー班ごとに一日の予定を相談しながら朝食。
話題の中心はもっぱら「昼メシをいつ、どこで、何を食いに行くか」、「お土産は何を買いに行くか」、そして「パノラマランドの温泉スパはどのタイミングで行くか」 …スキーの練習はどうした!

(今日は全て僕らの自由だ!!)

(今日は全て僕らの自由だ!!)

7時53分 スタンダードコース東京駅発
はくたか553号にて一路長野へ。飯山までおよそ2時間の乗車時間。

180327_kijimadaira_as (68)

180327_kijimadaira_as (69)

9時半 しじみ&ずぅ、パノラマランドにてスタンダードコースの受け入れ準備
…と言いつつ、ロビーでサボってお茶してた。
あと10分もすればスタンダードメンバーの乗っている新幹線が飯山駅に着く。

(スタンダードコースの宿泊地『パノラマランド木島平』のフロント)

(スタンダードコースの宿泊地『パノラマランド木島平』のフロント)

(宅配便で送った荷物、ちゃんと届いてますね)

(宅配便で送った荷物、ちゃんと届いてますね)

外のゲレンデを見ると… 自由を得たアドバンスコースメンバーが嬉々として滑って遊んでいる。

(スペシャルクルージングデー、最高!)

(スペシャルクルージングデー、最高!)

(最上級班のお兄さんお姉さんと一緒に滑る為の計画もちゃんと立てていた)

(最上級班のお兄さんお姉さんと一緒に滑る為の計画もちゃんと立てていた)

180327_kijimadaira_as (5)

10時10分 スタンダードコース木島平スキー場パノラマランド到着
オリエンテーションを経て部屋に荷物を運ぶ。
早々にチェックイン出来てありがたい。
お部屋、広くていいね。

(みんなの到着を待っていました!3日間のキャンプが始まります)

(みんなの到着を待っていました!3日間のキャンプが始まります)

(まずはお小遣いのお財布を預かりますよ、無くさないようにね!)

(まずはお小遣いのお財布を預かりますよ、無くさないようにね!)

(同室のメンバー同士で自己紹介かな?)

(同室のメンバー同士で自己紹介かな?)

(…早くもテレビにかじりついてますな 熱闘甲子園)

(…早くもテレビにかじりついてますな 熱闘甲子園)

その頃、アドバンスメンバーは…なにしてんだろ??

180327_kijimadaira_as (33)

180327_kijimadaira_as (18)

11時 スタンダードコース昼食
カレーライス。口の周りベタベタ。

(…なぜか乾杯)

(…なぜか乾杯)

180327_kijimadaira_as (40)

(パノラマランドの大食堂にてスタンダードコース昼食)

その頃、アドバンスメンバーは、どこで何食べてるんだろ??

180327_kijimadaira_as (16)

180327_kijimadaira_as (17)

180327_kijimadaira_as (22)

180327_kijimadaira_as (10)

180327_kijimadaira_as (11)

12時 スタンダードコースレッスン開始。
レンタルスキー用具のサイズ合わせ、ブーツ着用練習を経てゲレンデへ。
この時間になると雪はすっかり緩んでジャワジャワ。
7つのスキー班に分かれて足慣らし~レッスン。(スキー班紹介は明日の活動日記にて)
初日ながら、全員がリフトに乗って長い距離を滑ることができた。

(幼児の子たちも…)

180327_kijimadaira_as (42)

180327_kijimadaira_as (48)

180327_kijimadaira_as (49)

180327_kijimadaira_as (46)

180327_kijimadaira_as (47)

180327_kijimadaira_as (58)

180327_kijimadaira_as (45)

180327_kijimadaira_as (25)

180327_kijimadaira_as (52)

180327_kijimadaira_as (54)

その頃、アドバンスメンバーは…どこに行ったんだ??

180327_kijimadaira_as (8)

180327_kijimadaira_as (9)

180327_kijimadaira_as (7)

15時 スタンダードコースレッスン終了。
全員怪我無く、3時間近い滑走を終えた。ゲレンデでは両コースとも元気いっぱい。みんないい表情だった。

180327_kijimadaira_as (19)

180327_kijimadaira_as (44)

180327_kijimadaira_as (50)

180327_kijimadaira_as (43)

180327_kijimadaira_as (57)

180327_kijimadaira_as (55)

180327_kijimadaira_as (60)

180327_kijimadaira_as (51)

180327_kijimadaira_as (56)

180327_kijimadaira_as (32)

その頃、アドバンスメンバーは…パノラマランドで風呂?雪遊び?お買い物?ソリでどこかに滑って行った?

(風呂道具背負ってパノラマランドの温泉スパへ)

(風呂道具背負ってパノラマランドの温泉スパへ)

(ソリで800mコース滑走)

(ソリで800mコース滑走)

180327_kijimadaira_as (15)

15時半以降~17時 両コース共に宿泊先に帰還して休息
アドバンスコースはドムハウスで、スタンダードコースはパノラマランドで、それぞれの寄宿地で過ごす。
終日自由行動のアドバンスメンバーの中には16時半のリフト停止に至るまで滑っていた子も。

17時15分~18時頃 両コース共に夕食
スタンダードコースはバイキング。アドバンスコースはドムハウス特製のシチュー。
バランスの良い食事はあらゆるスポーツの基盤。
好き嫌い言わないで食べられた?

180327_kijimadaira_as (26)

180327_kijimadaira_as (27)

180327_kijimadaira_as (28)

180327_kijimadaira_as (12)

180327_kijimadaira_as (13)

19時~20時半 夜のプログラム(選択プログラム)
ナイタースキー参加者はアドバンス18名、スタンダード17名。
屋内でのレクリエーションや休息を選択した子はアドバンスが7名、スタンダード15名。

(ドムハウス前のゲレンデがドルフィンスポーツアカデミー専用ナイターバーンに)

(ドムハウス前のゲレンデがドルフィンスポーツアカデミー専用ナイターバーンに)

(パノラマランドの大広間でのレクリエーションも楽しい)

(パノラマランドの大広間でのレクリエーションも楽しい)

180327_kijimadaira_as (2)
…ふぅ  盛りだくさんの欲張り過ぎた一日だったな。
寝よう。

(…就寝後もヤル気満々だな)

(…就寝後もヤル気満々だな)

2018年3月27日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo

3/26木島平コース(アドバンス)

天気:晴れ 本日も快晴。
朝一番のゲレンデ圧雪バーンは綺麗に均されて、雪がバシッと締まって絶好の条件。
夜間~朝にかけては都心と比べて気温の下がり方が顕著。
しかし気温はあっという間に上昇。10時を境に徐々に雪が緩み出し、お昼には昨日同様のジャワジャワ雪に変わった。
陽射しが強く、雪上では紫外線反射をまともに受け、無意識の内に身体は疲労していった。

180326_kijimadaira_a (34)

一日の概要:木島平アドバンスコース2日目。
圧雪条件が良い午前中に重点をおいてのレッスン。
今日はゲレンデに専用ポールコースを設置してのレーシングトレーニング。
夕刻は山間にある馬曲温泉の野天風呂へ。

180326_kijimadaira_a (52)

180326_kijimadaira_a (39)

 

6時~6時半 起床
小学生の女子は5時半頃から何やら騒がしかった。
環境が変わるとジッとしていられなくなるのも無理ないか…。
休める内は休んでおくのが鉄則だが、まだまだ小学生ではその辺をコントロールできないようだ。

7時 朝の集い
無意識の内に崩れていく体調を戻す為にはどうするか。
睡眠、食時、排便など基本的な健康維持活動について確認。
同時に雪上に出る為の準備(紫外線予防、暑さ対策など)についても確認。

180326_kijimadaira_a (25)

(1分1秒経過するごとに下降していく体調をどこでどう回復させるか…キャンプ生活最大の課題)

7時15分 朝食
ドムハウスの窓の外はゲレンデが広がっている。
圧雪状態良く絶好のコンディション。
朝一番の滑走が楽しみ。

(朝焼けに染まるペンション前のゲレンデ)

(朝焼けに染まるペンション前のゲレンデ)

180326_kijimadaira_a (9)

180326_kijimadaira_a (26)

8時25分~ スキー班ごとに順次レッスン開始
最上級班はリフト稼働前に出動。
レーシングレッスンに向けたポールバーンを設置する為に後輩たちよりもひと足早く動き出す。
今日のレーシングレッスンは木島平プロスキースクールコーチでありSIAデモンストレーターの松崎コーチが担当。
最終日のレース大会『どるふぃんカップ』に向けて全メンバーがポールコースを滑走。

180326_kijimadaira_a (1)

180326_kijimadaira_a (2)

180326_kijimadaira_a (3)

180326_kijimadaira_a (35)

午前レッスンは11時半まで。

それではここでアドバンスコースのスキー班を紹介。

グリーンチーム(なめくじ担当)
今回唯一のレッドバッチの1年生女子&新1年生の男子。二人だけのチーム。
初日の段階でグリーンバッチのレベルは悠に越えており、今日はスカイフォーリフトに乗ってメインバーンを含む様々なコースを滑走。
安定したプルークボーゲンでエア台や不整地、そしてポールコースも楽しそうに滑っている。
スキー意欲、持久力(滑走時間)共に上級生たちに匹敵。
一本滑るごとに目に見えて上達!
午後はブルーチームと合同滑走。雪遊びも一緒に楽しんだ。

180326_kijimadaira_a (6)

180326_kijimadaira_a (4)

180326_kijimadaira_a (5)

180326_kijimadaira_a (28)

180326_kijimadaira_a (47)

180326_kijimadaira_a (27)

180326_kijimadaira_a (46)

 

ブルーチーム(まちゃえ担当)
1年生~3年生までの賑やか8名チーム。怖いもの知らずが多い!?
ゲレンデのあらゆるルートをスピーディー且つ“攻めの姿勢”で滑って来られる勢いのあるチーム。
俗に言う“チビッ子ギャングスキーヤー”たち。近年のドルフィンスキーキャンプの常連軍団でもある。
まだまだ技術論や理屈は後回しの、とにかく滑っていれば楽しい!という子たちだ。
8名の内の何名かは段々と自分の滑りを客観的に捉えられるようになってきて、具体的な上達目標を見出すようになっている。(シルバークラスへの扉が開き始めてきた?)
単に「シルバーになりたい」とか「うまくなりたい」とか「バッチが上がるといいな」だけでなく、具体的な技術テーマや課題を意識できた者が一歩抜け出すだろう。

180326_kijimadaira_a (36)

180326_kijimadaira_a (44)

180326_kijimadaira_a (42)

180326_kijimadaira_a (43)

180326_kijimadaira_a (37)

180326_kijimadaira_a (30)

180326_kijimadaira_a (29)

180326_kijimadaira_a (31)

 

シルバー&スーパーシルバーチーム(みいら担当)
3年生~5年生の7名。アドバンスコースの次世代を担ってくれるか、、更なる成長が期待されるメンバーたち。
10歳を超えると身体が成長してきて、少しずつではあるが骨格や脚の長さが大人のスキーヤーに近づきつつある為、ブルーチームと異なりレッスンで用いる運動論や技術論も大人向けになってきた。
身体の柔軟性と引き換えに“パワー”を身につけてきた子も。
ポールを滑る滑走速度が上がり、ターンは力強く円滑に。
小学生の中で誰が最速スキーヤーとなるか、、楽しみだ。

180326_kijimadaira_a (57)

180326_kijimadaira_a (40)

180326_kijimadaira_a (41)

180326_kijimadaira_a (50)

180326_kijimadaira_a (51)

180326_kijimadaira_a (53)

 

最上級班(たにし&木島平プロスキースクールコーチ陣担当)
中高生8名。(内2名は本日夜以降に合流)
ヘッポコ軍団。
一人前のスキーヤーとして真に自立する日は来るのか、、、

180326_kijimadaira_a (7)

180326_kijimadaira_a (8)

180326_kijimadaira_a (49)

180326_kijimadaira_a (48)

180326_kijimadaira_a (38)

180326_kijimadaira_a (39)

180326_kijimadaira_a (54)

 

12時~13時15分 昼食及び昼休み
シルバー&スーパーシルバーチームは午前の内に撮影した滑走シーンをテレビに映してのビデオレッスン。
部屋で短時間集中睡眠をとって体力の回復を図った子も。なかなかに見所がある。

180326_kijimadaira_a (45)

13時半~15時15分 午後レッスン
昨日同様に午後は雪が緩んで重たくなったため、短時間集中の滑走。
引き続きポールコースでのレーシングレッスンなど。
雪遊び(腹滑り&尻滑り)をして楽しんだ班も。

180326_kijimadaira_a (32)

16時半~ 天空の秘湯「馬曲温泉」の野天風呂へ
スキー場から片道20分、山間部にある秘湯へ。
柔らかな夕陽に染まる山々、そして我々のベース地である木島平スキー場ゲレンデを遠目に眺めつつの入浴。
フッと息を吐いて。緊張感が緩んだひと時。

180326_kijimadaira_a (10)

180326_kijimadaira_a (11)

180326_kijimadaira_a (15)

180326_kijimadaira_a (55)

180326_kijimadaira_a (12)

180326_kijimadaira_a (13)

180326_kijimadaira_a (14)

180326_kijimadaira_a (16)

180326_kijimadaira_a (17)

19時夕食。
…野菜残す人多い。コラ!

180326_kijimadaira_a (18)

180326_kijimadaira_a (19)

180326_kijimadaira_a (20)

20時20分 スキー班ミーティング。
明日は子どもたちが主体的に一日の予定を立てて過ごす「スペシャルクルージングデー」
朝食時間と夕食時間しか決まっていないので、後は自由時間。
時間と空間をどう生かすか。その為の相談。

180326_kijimadaira_a (56)

明日はスタンダードコースが初日を迎える。
総勢約40名が木島平にやって来る。
これまた楽しみ。

今日の活動報告はここまで。

それでは最後に…

180326_kijimadaira_a (21)

180326_kijimadaira_a (22)

180326_kijimadaira_a (23)

(めでたし、めでたし)

(めでたし、めでたし)

2018年3月26日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo

3/25木島平コース(アドバンス)

天気:晴れ 全国的に青空が広がり、春本番の陽気に。
首都圏では桜の開花が進みほぼ満開。
木島平スキー場では日照下での体感温度が高く、スキーウェアを着ると汗が噴き出るほど。
『出発準備ブック』に「春でも寒くなるので防寒はしっかり整えてください」と書いたのを今更ですが取り消そうかと…
スキー場はトップシーズンに比べて積雪量がだいぶ減った。それでもメインエリアは全面滑走可能でレッスンスタートは順調。
ちなみに…花粉の飛散量が多くて悲惨。(箱ティッシュを両脇に抱えて滑りたい…。)

(首都圏、快晴)

(首都圏、快晴)

(木島平スキー場、快晴)

(木島平スキー場、快晴)

一日の概要:スキーシーズンもいよいよ締めくくり。年度末春休みスキーキャンプ開幕。
木島平アドバンスコースには“腕に覚えあり”のスキーヤーたちが集結。
汗ばむほどの陽気に包まれた長野県木島平スキー場にて5日間のキャンプ生活をスタートさせた。

(春キャンプ開幕!)

(春キャンプ開幕!)

 

今年の冬は日本海側で大雪が続くなど、冬型が極端に強まる時期が長く続いた。
木島平ではさほど積雪は増加しなかったが、2月は氷点下10℃前後まで気温が落ちる日が多く、地元の方々は寒い冬を過ごした。
ところが3月になって気候が一転。ポカポカ陽気が続いて、見る間に雪が溶けていく。
嫌な予感。またしてもスキー場は土が出て“ツチー場”になってしまうんじゃ…

(ま、まさかの“木島平ツチー場”)

(ま、まさかの“木島平ツチー場”)

この週末はスキーキャンプを中止して花見にでも繰り出そうと思っていたが、そんな野望が叶うはずもなく予定通り春休みスキーキャンプ開催。
花見はお預け。東京に帰ってくる頃には散ってるかも…。

(新幹線の車窓から、僅か5秒間の花見を楽しむ)

(新幹線の車窓から、僅か5秒間の花見を楽しむ)

今回のアドバンスコースは参加者25名+スタッフ5名の総勢30名体制。
スーパーゴールドクラスの高校生や中学生が多く顔を揃えた。
小学生もアドバンスコースにすっかり馴染んできた精鋭たち、そしてスタンダードコースで高いパフォーマンスを発揮してきたメンバーが集った。
自分の意思と希望で当コースに参加を決意してきた者が多い。
自立と自由を目指すアドバンスコースらしい。

(小学生ながらに雪上での立ち姿が頼もしく見えるようになってきた)

(小学生ながらに雪上での立ち姿が頼もしく見えるようになってきた)

6時50分 受付開始~開校式
早朝の東京駅に集う一同。
初日の朝特有の気怠~い感じは相変わらずで、開校式ではスタッフのみいらにいきなりお説教されるという…
保護者の方を含めて一同ドン引きのオープニングだったが、このテンションの低さが雪上に出た途端に180度転換することは目に見えている。
加えて、どの道キャンプ期間中のいずれかのタイミングで「挨拶!返事!」と必ず喝を入れられるので、遅かれ早かれいつもの調子になるだろう。

7時53分 東京発。北陸新幹線はくたか553号乗車。

180325_kijimadaira _a (54)

180325_kijimadaira _a (55)
行程に支障なく、順調な旅。飯山駅までおよそ2時間。
軽井沢で1名途中乗車して初日のメンバーが揃った。(明日以降、高校生2名が更に合流予定)

(飯山駅前は… 残雪が…)

(飯山駅前は… 残雪が…)

180325_kijimadaira _a (28)

(行程は順調、無事飯山駅に到着)

(行程は順調、無事飯山駅に到着)

(飯山市内の平野部は積雪ゼロ、木島平スキー場は… )

(飯山市内の平野部は積雪ゼロ、木島平スキー場は… )

10時20分 木島平スキー場内「ペンションドムハウス※木島平プロスキースクール」に到着。
毎度の如く、中高生がやたらとでっかい荷物を持ってくるので移動や積み替えがとっても面倒。
いい加減にコンパクトなパッキングを学びなさい。

(なんだ、このでっかい荷物は!? 3週間の海外旅行か!)

(なんだ、このでっかい荷物は!? 3週間の海外旅行か!)

ともあれ無事に目的地「ドムハウス」に到着。
…雪、まだあるね!一応辺り一面白い、、ぞ!

180325_kijimadaira _a (57)

今回のキャンプにおけるアドバンスコースの課題は…
1.怪我をしないこと(怪我をしない為にはどうすべきか、どのように滑るか、どんな技術を用いるか、考えて実践!)
2.自分の心と身体を知ること、仲間の気持ちを推し量ること、気象と雪を知ること
3.一発勝負(レースや検定)の魅力や難しさとは?ギリギリ限界の勝負と怪我の予防は両立できる!?
4.自由を得る為には?

(キャンプを始めるにあたって…)

(キャンプを始めるにあたって…)

11時 昼食

180325_kijimadaira _a (6)

180325_kijimadaira _a (7)

食後はスキーレッスンに向けた準備。
春は服装の選択が難しい。
日中は暑いが、ある時間を境に放射冷却で雪質や気温が急激に変化することもある。
みんな、どんな選択をするだろうか。
そんな事を話題にしながらアレコレ準備するのも、スキーに慣れてきた者たちにとっては楽しみのひとつだ。

(準備が整って玄関を出ると、、そこはゲレンデ!)

(準備が整って玄関を出ると、、そこはゲレンデ!)

12時20分~ レッスン開始。
スキー班は全4クラス(4チーム)を構成した。
グリーンクラス2名、ブルークラス8名、シルバー&スーパーシルバー7名、中高生最上級班8名。
詳しくは明日の活動日記で紹介しよう。
今日は手抜きして写真でなんとな~く雰囲気を…

180325_kijimadaira _a (25)

180325_kijimadaira _a (45)

180325_kijimadaira _a (34)

180325_kijimadaira _a (31)

180325_kijimadaira _a (32)

180325_kijimadaira _a (48)

180325_kijimadaira _a (47)

180325_kijimadaira _a (46)

180325_kijimadaira _a (43)

みんな嬉々として滑走。怪我には気をつけて!

(初日だから無理せず…)

(初日だから無理せず…)

(慎重に…)

(慎重に…)

(地に足つけて…)

(地に足つけて…)

180325_kijimadaira _a (53)

180325_kijimadaira _a (22)

180325_kijimadaira _a (52)

180325_kijimadaira _a (58)

180325_kijimadaira _a (38)

180325_kijimadaira _a (39)

(…… “足慣らし”の意味がイマイチ分かっていない人ばかり)

(“足慣らし”の意味がイマイチ分かっていない人ばかり)

15時15分 オフィシャルレッスン終了。
レッスンを終えた者はペンションの外で雪遊び。
希望者は16時頃までレッスン時間を延長して滑走。

180325_kijimadaira _a (23)

180325_kijimadaira _a (24)

180325_kijimadaira _a (49)

16時10分~ 入浴&休息
春は17時を過ぎても日が暮れず、空はまだ青い。
それだけに猶更ノンビリとしていて穏やかな空気が流れる。何をするわけでもなく、皆個々に自由に過ごしている感じがいい。

180325_kijimadaira _a (14)

180325_kijimadaira _a (15)

180325_kijimadaira _a (16)

180325_kijimadaira _a (20)

180325_kijimadaira _a (18)

180325_kijimadaira _a (17)

180325_kijimadaira _a (19)

17時半~夕食
初めて当コースに参加した子もすっかり雰囲気に打ち解けた様子。
新1年生~高校生まで、リラックスして過ごす。

180325_kijimadaira _a (13)

180325_kijimadaira _a (8)

180325_kijimadaira _a (9)

180325_kijimadaira _a (10)

180325_kijimadaira _a (11)

180325_kijimadaira _a (12)

18時45分~ スキー班ミーティング
明日以降のスキーレッスンがより有意義なものとなるよう打合せ。。
自己紹介、ロケーション理解、技術論、マテリアルに関する話題、などなど。

180325_kijimadaira _a (50)

180325_kijimadaira _a (51)

180325_kijimadaira _a (21)

19時45分 一応一日を締めくくって「おやすみなさい」の挨拶。
以降、中高生は自分たちで就寝時間を決める。
小学生は21時を消灯時刻と定めた。

明日はポールを立ててのレーシングレッスンも取り入れる。
木島平プロスキースクール並びに木島平スキー場の全面協力に感謝。
メンバー一同の心技体、充実したものでありますよう。
初日の報告はここまで。

(日本スキー界の首領が子どもたちの荷物運びをさせられているという…)

(日本スキー界の“首領ドン”が子どもたちの荷物運びをさせられているという…)

2018年3月25日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo

3/11六日町コース

天気 晴れ
朝から雲一つない青空が広がっていました。
朝早い時間は冷え込んでいて、雪も硬くしまっていましたが、レッスン開始時間には気温もグングン上昇し、雪も瞬く間に緩み始めました。
お昼ぐらいから薄雲が広がりだしましたが、最後まで快適にスキーをすることができました。
(今日は最高のスキー日和でした)

(今日は最高のスキー日和でした)

 

昨日かなリスキーをしたので、昨晩の子どもたちはあっという間に爆睡。
今朝は起こさなければみんな爆睡かな?っと思いきや、何と朝6時にみんなで朝風呂に言った模様、みんな元気ですね。
今日は朝から雲一つない青空が広がっていました。最高のスキー日和です。
昨晩は放射冷却でかなり気温が下がったので、雪は硬く締まっていそうです。
今朝も7時に朝食会場へ、日曜日の朝ともあり大勢のお客さんでごった返していましたが、昨日の反省も踏まえて子どもたちはしっかりと食事をとっていました。
(朝からきれいな青空が広がっていました)

(朝からきれいな青空が広がっていました)

 

今日も子どもたちはあっという間に食事終了、ゆっくりと優雅に食事を楽しんでいるスタッフのぱっぽうを残して部屋に戻りました。
出発日ということで、本来でしたらスキー出発前に部屋をチェックアウトして荷物を移動するところでしたが、ホテルのご厚意によりホテルを出発するまで部屋を貸していただけることに。
そんなことですから、今日もゆっくりとスキーの準備をして8時半前にはゲレンデに立つことができました。
031103
031104
朝もまだ早いので頬に触れる空気はまだまだ冷たく、青空と太陽も相まって、気分は最高潮!早く滑りたくて子どもたちもうずうずしている様子です。
硬かった雪もすでに緩み始めてきましたが、ゲレンデ上部はしばらくはいいコンディションで楽しめそうです。
今日はすぐにスキーを履いて混む前にリフトに乗車してゲレンデ中腹に移動しました。
遠くの山々までくっきりと見える最高の景観、そんな中で今日もしっかりと準備運動をして体をほぐしました。
(今日もしっかり準備運動からスタート)

(今日もしっかり準備運動からスタート)

(そしてお約束の記念撮影)

(そしてお約束の記念撮影)

本日は撮影をしながら全員で滑ることに。
硬いながらも表面が緩みだして、エッジがしっかりと効いている最高のコンディション。
こんな状況ですから、ちまちまと滑っていてもしょうがありません!レッスンをしながらトレインで順番を変えながら長い距離を滑っていきます。
子どもたちも快調そのもの、昨日見た自分の滑りの修正点を確認しながらしっかりとした滑りで後をついてきます。
スピードを出してもしっかりとスキーをコントロールできるようになりました。かなりの上達ぶりですね。
(ゆうえんちの説明を真剣に聞きます)

(ゆうえんちの説明を真剣に聞きます)

031108

031109
031110
031111
もちろん子どもたちの大好きなウェーブやジャンプ台も取り入れ、また昨日は滑れなかった中級コースもしっかりと滑れるようになりました。
最後にはゲレンデ最上部、中上級コースの急斜面もコントロールしながらしっかりと滑れるようになりました。
そして巨大ウェーブでも楽しんで、林間コースをのんびりと滑ってスキー終了、途中トイレ休憩をはさんで3時間以上たっぷり滑りました。
031112
031113
031114
ここで子どもたちのリクエスト、スキー場最下部のスノーエスカレータ、そしてそりで遊びたいとのことで、15分ほどそり遊びをしました。
スキーはもちろん楽しいものですが、そりもなかなか捨てがたいですね。
みんな大興奮でしたね。
031115
031116
031117
ホテルに戻ったら着替え&最後の食事、ここでも結構な量の牛丼でしたが、みんなぺろりと平らげていました。
荷物整理をして布団を片付けてもまだまだ余裕があります。
しばらく部屋の中でのんびりと過ごしました。
最後にバッチテストの発表を終え、二日間お世話になったホテルにお別れをしてバスでガーラ湯沢駅まで移動しました。
ガーラ湯沢駅で新幹線を待つ間も子どもたちは元気いっぱい、最後までいじられていたぱっぽうは、もうぐったりとしていました。
今回は天候にも恵まれ、子どもたちもかなり上達しました。
みんなに聞いたら今回が今シーズン最後のスキーとのこと。みんな物足りなさそうな様子でしたね?
今回滑ったいいイメージを持って、また来年も一緒にスキーをしましょう。
今度はもう少し長いコースかな?
六日町コースディレクター 小山丈二(ゆうえんち)
(また一緒に滑りましょう!)

(また一緒に滑りましょう!)

2018年3月11日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama