12/30木島平アドバンスコース

天気:曇り時々雪(午前中は青空が見える/午後は雪に)
昨夜から朝までの降雪は約20~30㎝ほど。
大人の膝下ほどに軽いパウダースノーが積もった。
新雪に覆われた為、ゲレンデは圧雪した箇所でも柔らかめの感触。
滑走時は殆ど降雪は無かったが、レッスンを終えて後、午後から再び雪が降り出す。

(時折晴れ間も覗いたが、再び雪が舞う天候に)

(時折晴れ間も覗いたが、再び雪が舞う天候に)

一日の概要:木島平アドバンスコース五日目、最終日。
最終日のレッスン(及び技能テスト)は8時半~11時半までの3時間。
雪質が良かったこともあり、検定は存分に力を履き出来、また最後の滑走を気分よく、安全に楽しむことができた。
最上級班は、国内屈指の急斜面である木島平の「パイオニアコース※シーズン中に数えるほどしかオープンしない難関コース」を滑走。(参加者がパイオニアコースを滑降するのはキャンプ史上初)

全メンバーが5日間の滑走を全うし、無事に東京に帰着し解散。

(日々全力で滑り、自由と責任の在り方を知った5日間)

(日々全力で滑り、自由と責任の在り方を知った5日間)

最終日を迎えた。
5日目ともなると朝の時間が当たり前のように流れる。
6時半、起床。
7時、朝の集い。
全員顔色がよくて、健康状態は良好。
キャンプ撤収の日となるので、「一日の流れ※帰京までの動き」を全員がイメージし、共通認識の下で動くことを確認。
レッスンを終えた後のスケジュールまでを頭に叩き込んで一日の行動を開始。

朝食後は早々にスキーの為の準備を整えて雪上に出る。
昨晩降った新雪が柔らかく均されたバーン。非圧雪帯は膝下くらいのフワッと柔らかな雪が乗っている。
子どもたちにとってはスキー操作が容易な雪質。
油断さえしなければ快適に滑走できそうだ。

(ひっかかったり、つまずいたりするような雪面の荒れがないので滑りやすい)

(ひっかかったり、つまずいたりするような雪面の荒れがないので滑りやすい)

朝一番の、ゲレンデに人が殆どいない状況下で、まずは最上級班の技能テスト。
プラチナ受検者を含めて4名のレディースが挑戦の場へ。
メインバーンのスカイコースの最上部地点から、リフト乗り場までの総合滑走。
スキー場のメインエリア、ほぼ丸ごと全部が検定バーン。
検定課題は“巨大で真っ白な紙に書初めをする”こと。
力強く滑らかな筆運び(スキー操作)で、自分だけの文字及び自由画(滑走ライン)を描くこと。
模写ではなく、自分で考えて、自分の意思を滑りに表すことが検定課題。

171230_kijimadaira_10

171230_kijimadaira_11

171230_kijimadaira_12

 

続いてみいら班(シルバー受検)のロングターン検定、そしてやまと班(シルバー及びスーパーシルバーチャレンジ)のショートターン検定。
緊張でカチカチの子もいれば、雪質の良さを利用して意気揚々と滑走してくる子も。

171230_kijimadaira_13

171230_kijimadaira_16

171230_kijimadaira_15

171230_kijimadaira_14
「検定」や「テスト」といった言語に対して敏感(過敏?)な子ほど、スキーの本質的な楽しさや意義を見失う点が興味深いところでもある。
アドバンスコースではそういった事も学びつつ、今後も更なる技術を追及し、スキーの楽しさを探っていこう。

(技術を学ぶと同時に技術を使う機会を設けることも大切)

(技術を学ぶと同時に技術を使う機会を設けることも大切)

(検定以上に集中力を発揮する場面も多々ある)

(検定以上に集中力を発揮する場面も多々ある)

(これもまた学び)

(これもまた学び)

(もっと高く、遠くへ)

(もっと高く、遠くへ)

最上級班は、日本屈指の急斜面(しかも非圧雪)である「パイオニアコース」への挑戦を今回のキャンプの総括とした。
今まで滑ってきた斜面全てが初級者コースに感じるほどの斜度と迫力。
このコースは、シーズン中は余程の条件が整った時でないとオープンせず、大抵の場合はリフトが止まっており滑るチャンスが巡ってこない。今日はレッスン終了の直前、11時半近くになってリフトが動き出す気配を察知して…GO!

(下から見上げると絶壁、滑っているスキーヤーは豆粒のようなサイズ)

(高社山頂から滑り降りるパイオニアコース、下から見上げると絶壁!)

 

(今まで滑っていたメインバーンのスカイコースがタラタラの緩斜面に見えるほどパイオニアコースの斜度はキツイ)

(遥か下方に見えるメインバーンのスカイコースがタラタラの緩斜面に感じるほどパイオニアコースの斜度はキツイ)

(カッコつけている余裕など実は無い)

(カッコつけている余裕など実は無い)

キャンプに参加するジュニアメンバーがパイオニアコースを滑るのは木島平コース史上初のことである。
滑り終わって… 「超最高!!」とのこと。(実はあまりの怖さに後になって泣いた人も…)

(貴重な経験をしましたね)

(貴重な経験をしましたね)

年末のゲレンデは多くのスキーヤーとスノ―ボーダーで賑わった。
バーンが大きく広く開けているので、混雑を肌で感じる場面はさほど多くはなかったが、それでも今日は衝突やリフト乗降場近辺での事故に対しては充分に注意する必要があった。
自分の技術だけでは回避できない危険性も潜んでいたので、最後まで集中力を切らさずに行動。
滑走技術のみならず、メンバーはそういった点でもアドバンスコースにふさわしい行動を心がけていた。
5日間通して、スキーレッスンを休む子は一人もおらず、最終日も全員が時間いっぱいまで滑りきった。
そして無事にドムハウスに帰着。
誰もが納得の表情と共にスキー板を脱いだ。

171230_kijimadaira_22

(納得の5日間でしたね)

時刻は正午。まずは昼食。
最終日らしく、みんな解放感故によく食べる。
食後は昨夕実施したSIAスキー検定の結果発表が行われた。
木島平プロスキースクールのコーチ陣からの総評と共に合格者にメダルと認定証が授与された。
今回は9名が挑戦したが、見事全員が目標としたクラスの合格を果たし、笑顔の認定式であった。

(検定員よりメダルが授与された)

(検定員よりメダルが授与された)

171230_kijimadaira_7

171230_kijimadaira_8

171230_kijimadaira_26

一方でドルフィンスポーツアカデミーの検定。
DSAスキー検定の結果は玄関前の壁に掲示された。
「結果に対して質問や疑問があればいつでもおいで」とメンバーに伝える。
今日は誰も質問に来なかった。
ならば自分なりに消化して、考えて、前に進むべし。

(…何にも考えてないだろ)

(…何にも考えてないだろ)

キャンプ生活もいよいよ終わりに近づく。
ドムハウスに常駐するスキー界の猛者たちは、最後まで温かい目で私たちを見守ってくれた。(もっとも子どもたちは何も気づいていなかったが…)
午後15時。お世話になったドムハウスの方たちに別れを告げ、再会を願いつつ出発。

(校長先生はいつも私たちの姿が見えなくなるまで見送ってくれる)

(校長先生はいつも私たちの姿が見えなくなるまで見送ってくれる)

飯山駅へと向かう送迎バス内では前後不覚で眠ってしまう者も多くいた。
駅はスキー場よりも深々とした冷え込みを感じた。
寝起きの子どもたち、今一度風邪をひかぬよう注意せねば。

(絶対に風邪をひかない人もいる)

(絶対に風邪をひかない人もいる)

171230_kijimadaira_20

新幹線に乗って一路東京へ。
たくさんの雪に囲まれた生活は夢の如く過ぎ去り、瞬く間に年末の慌ただしい都心の空気へと連れ戻された。
18時過ぎ、解散。
また春休みに木島平にキャンプに行こう。

ディレクターしじみより

(喜んで!)

(喜んで!)

2017年12月30日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo

12/30黒姫コース

天気 小雪
小雪の舞う、今日も寒い一日でした。
気温が低いため、今日もゲレンデコンディションは最高、今日は半日のスキーでしたが最後まで気持ちよくスキーを楽しめました。
アドバンスコースはドルフィンスポーツアカデミーのオリジナル検定を、スタンダードコースは今日もそれぞれのレッスン班で、時間いっぱいまでスキーをしました。
※スタンダードコースの検定はレッスン内検定となります。
(5日間楽しかったですね)

(5日間楽しかったですね)

黒姫コースの最終日を迎えました。
アドバンスコースから来ている子は5日目の朝、さすがに疲れも溜まってきています。
今日はギリギリまでゆっくりと寝て、最後のスキーに備えました。
外は小雪がパラつく程度の天気でしたが、帰りの支度もあるので今日は室内での体操となりました。
眠そうな子も大勢いましたが、体調はみな良さそうです。
体操後はそのまま朝食に、今日はスキー出発前に荷物を大広間に移動しなければなりません。
時間が押せば押すほど、スキーの時間が短くなってしまいます。
とそんなスタッフの心配をよそに、子どもたちの動きはスムーズ、結局いつもよりも少し早めに出発することができました。
今日はアドバンスコースのスキー検定、アドバンスとスタンダードの子たちが一緒になっている班は、出発時にスキー検定班とそれ以外の子に分かれての出発となりました。
ゲレンデは柔らかめの雪でしたが、今日もコンディションは最高です。
昨日にも増してさらにお客さんが増え、駐車場も朝から満車状態。その分ゲレンデも時間がたつごとに混雑してきました。
そんな中でも、いつものようにいつものペースで最後のスキーを楽しんでいました。
(不整地もずいぶん上手に滑れるようになりました)

(不整地もずいぶん上手に滑れるようになりました)

(ただ油断をするとこの通り)

(ただ油断をするとこの通り)

アドバンスコースの検定チームも、5日間のスキーレッスンの成果を十分に発揮しています。
毎日雪といった状況ですから、不整地バーンもたくさん滑って、それぞれ強いスキーを身につけています。
スタンダードコースも足慣らしから2日、スキーにもすっかりと慣れて、みんなスムーズに滑り降りてきます。
まだまだ滑り足りないといった表情の子どもたちをなだめつつ、最後のスキーレッスンが終了しました。
ホテルに戻ったら、いつものように戦争状態。
バタバタっと荷物を片付けて、荷物を送って、お土産を買ったりと・・・
新幹線の時間が決まっていますから、遅れるわけにはいけません。
とは言っても、最後までバタバタなのはスタッフだけで、子どもたちは余裕で遊んでいましたが・・・
最後の食事はハヤシライス、昨日のカレーライスと同じく、みんなたくさん食べていました。
そして最後のプログラムもいつものように検定の発表となりました。
みんな緊張の表情、さてその結果は?
(もっと滑ろう!と言ってるようです)

(もっと滑ろう!と言ってるようです)

ホテルからバスに乗って長野駅へ、そして新幹線に乗って東京駅へ。
車内ではホテルでのテンションそのまま、子どもたちをなだめつつ向かっています。
久しぶりに雪の心配のない年末のスキーキャンプでした。
スキーもストレスなくたっぷりとできて、子どもたちも元気に過ごしてくれました。
この雪はきっと春までしっかりと残ってくれることでしょう。
また春のスキーキャンプ、そして週末のキャンプでも会いましょう!
黒姫コースディレクター 小山丈二(ゆうえんち)
2017年12月30日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama

12/29木島平アドバンスコース

天気:晴れ/夕方16時~曇り及び雪が舞う/夜になって再び雪
強い冬型の気圧配置が緩み、穏やかな晴天となった。
新雪が綺麗に圧雪され、ゲレンデは絶好のコンディション。
お昼前後は陽射しが強まり、防寒着を減らして身軽に滑ることができた。
晴れた分、雪上での紫外線の反射は強い。
14時半を境に気温が急激に落ちてきて、バーンが締まって滑走速度が上がる。
夜はパーッと雪が舞ってナイターゲレンデは幻想的な雰囲気に。

(日中は穏やかに晴れ渡った)

(日中は穏やかに晴れ渡った)

(夜は再び雪に)

(夜は再び雪に)

一日の概要:木島平アドバンスコース四日目。
昨日のクルージングデーとは一転、気分を新たに技術レッスンに集中。
DSAスキー検定(技能テスト)の種目練習を行い、緊張感に満ちた滑走をした。
希望者はSIAの技術テストにも挑戦。
夜はナイタースキー又は屋内での休息のいずれかを選択。

(今日も全メンバーがエネルギー全開で滑った)

(今日も全メンバーがエネルギー全開で滑った)

 

キャンプ四日目の朝は穏やか。
早朝は身体が強張るような冷え込みを感じたが、夜間は殆ど雪は降らなかった模様。
ペンションの方々も、今朝は雪かきや雪下ろしの必要に迫られることもなく、ようやく息を抜けたことだろう。
せわしなさとは無縁の、平穏な朝を迎えた。

(ドムハウスでの生活も4日目を迎えた)

(ドムハウスでの生活も4日目を迎えた)

起床は6時半。
朝の集い7時。
毎日変わらない、規則的なタイムスケジュール。
キャンプ期間中に様々なスキースタイルや趣向を追及しつつも、健康を維持するには「規則的な生活を習慣付ける」のが一番。
徐々に疲労が蓄積していく反面、雪国でのスキー合宿生活に身体が順応してきたので、無意識の内に動いて対応できることが増えてきている。
“頑張らなくても自然と出来ている”事が増えた分、ある意味では子どもたちも楽になってきたようだ。

(I love ski camp)

(I love ski camp)

環境に適応しつつある4日目は“魔の4日目”とも呼ばれる。
怪我や体調不良が起こるとしたら、こんな日だ。
一見、何のストレスもない条件。そんな時こそ怖い。
朝の集いでは「油断禁物、集中力を維持する為に基本的な生活態度を見直す!」ことを確認。

レッスン開始は8時半。
絶好のコンディション。
1.空が晴れて明るい
2.無風
3.雪が新しい
4.非圧雪帯もあれば綺麗に均されているバーンもある
以上の条件が目の前にあって気分が高揚しないスキーヤーはいないだろう。
でも焦りは禁物。
準備体操と用具&衣服の最終確認は徹底。

(これはたまらんな)

(これはたまらんな)

(朝一番、気分が高まる)

(朝一番、気分が高まる)

171229_kijimadaira_3

雪質が良い上に、やや柔らかめに圧雪されたバーンが心地よく、皆スキー操作がスムーズ。
「俺、スキーウマいかも!?」と都合よく解釈してしまうようなコンディション。
あまり運動をしなくても滑らかにスキーが動いてくれるので、身に着けておきたい運動がおざなりになってしまう点が悩ましい。
まぁ、爽快だし、これだけ素晴らしい条件に恵まれることも滅多にないので、朝一番は細かな点に捉われ過ぎずに楽しんで滑ろう。

171229_kijimadaira_20

171229_kijimadaira_21

171229_kijimadaira_33

171229_kijimadaira_28

171229_kijimadaira_24

171229_kijimadaira_25

171229_kijimadaira_26

171229_kijimadaira_30

171229_kijimadaira_22

171229_kijimadaira_34

171229_kijimadaira_5

171229_kijimadaira_4

午前中のレッスンは11時40分まで。
昼休みの過ごし方はとても重要。
特に今日は午後の検定や滑走に向けて心身を整える必要がある。
キャンプ生活において、昼休みに“本当に休む”というのは子どもたちにとっては難しい。
それが出来れば一人前のスキーヤー。

(体を休めたいところだが…撮影した映像を見るなどレッスンはまだまだ続く)

(休憩後、午後のレッスン前に撮影した滑走映像を見ながらモチベーションを高める)

午後は少しゲレンデコンディションに変化が生じた。
圧雪エリアは平滑で雪面が荒れることなく安定しているが、スキーヤーやスノーボーダーが繰り返し滑走する内にギュッと締まった雪質になった。

(油断せずに滑ってね)

(油断せずに滑ってね)

171229_kijimadaira_40

更に日が陰ってくる14時半頃から放射冷却が進み、滑走性の高い高速使用のバーンになった。
そのような条件下でDSAスキー検定の技能テスト(一部の班と一部の種目)を行った。
そんそん班<ブルーチャレンジ>

171229_kijimadaira_36

171229_kijimadaira_37

みいら班<シルバー及びスーパーシルバーチャレンジ>
(規定2種目の内、本日は『ロングターン』を選択)

171229_kijimadaira_35

171229_kijimadaira_38

やまと班<シルバー及びスーパーシルバーチャレンジ>
(規定2種目の内、本日は『ショートターン』を選択)

171229_kijimadaira_31

171229_kijimadaira_29

更にSIA主催の技術テストを受けた子も。
木島平プロスキースクールの重鎮やらデモンストレーターがぞろぞろ出てきて皆緊張気味。
検定の終盤には気温がグンと下がり雪が強く降り出した。
よく最後まで集中力を維持したね。

(SIA検定を担当する木島平プロスキースクールの重鎮たち)

(SIA検定を担当する木島平プロスキースクールの重鎮たち)

(みんな緊張してる…)

(みんな緊張してる…)

木島平アドバンスコース最後の夜と言えば鍋パーティー。
くじ引きによって席次が決まり、各テーブルには7名の鍋奉行が着座。
当コースの鍋奉行はスタッフよりも強い権限を有し、スーパーゴールドバッチやプラチナバッチを所持するよりも尊敬される絶対的な存在と言われている。
今冬は中学生~大学生スタッフが務めることとなった。

(七人の鍋奉行)

(七人の鍋奉行)

鍋奉行になることはスキーキャンプ最大の目標とされており(そんなわけがない)、小学生にとっては憧れの対象である。
どのテーブルでもお奉行さまが見事な采配を振るい、とても賑やかな夕食となった。

(オブギョーサマの采配には誰も文句を言えません)

(オブギョーサマの名采配に拍手が起こることもある)

171229_kijimadaira_8

171229_kijimadaira_44

最後の夜は選択プログラム。
室内でノンビリと遊んで過ごす子が9名。
ドムハウスに寄宿する大学生レーサーのお兄さんやお姉さんが一緒に遊んでくれて大盛り上がり。
カードゲームなどを楽しんだ。

(ドムハウスに寄宿する大学生の方とも仲良くなって一緒に遊んだ)

(ドムハウスに寄宿する大学生の方とも仲良くなって一緒に遊んだ)

(…俺もプロスキーヤーになろうかなぁ)

(…俺もプロスキーヤーになろうかなぁ)

一方でナイタースキーを選択したのが15名。
派手に雪が舞う中で19時~20時半までの間、一同存分に滑走。
担当スタッフもシャッフルで入れ替わり、新鮮な気分を味わいつつ楽しく滑った。

171229_kijimadaira_10

171229_kijimadaira_45

171229_kijimadaira_14

20時50分。
居間で全員が顔を合わせて一日を締めくくる。
皆いい表情だ。

(…全く仕事が進まん!活動日記のアップが遅いのは子どもたちのせいです)

(…全く仕事が進まん!活動日記のアップが遅いのは子どもたちのせいです)

お互いの顔を見て「明日の最終日も全員で元気に滑って、笑顔で、無事に東京に帰ろう」と約束。
おやすみなさいの挨拶を経て一日を終えた。

(みんなで仲良く、無事に東京に帰ろうね!)

(みんなで仲良く、無事に東京に帰ろうね!)

(…だ、ダメかも)

(…だ、ダメかも)

2017年12月29日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo

12/29黒姫コース

天気 晴れたり曇ったり小雪がふったり・・・のち雪
今日は天気が回復、晴れたり曇ったりパラパラと雪が降ったりと、穏やかなスキー日和の一日でした。
きれいに圧雪されたゲレンデは、夕方まで良好なコンディションを保っていて、最高のスキー日和となりました。
お昼にはお餅つき、夜はふかふかの雪原で雪遊びと、大忙しの一日でした。
(朝食前に全員集合!)

(朝食前に全員集合!)

朝起きると雪がパラついていましたが、駐車場には新しい雪がほとんど積もっていない様子。
どうやら昨晩はほとんど雪が降らなかったようです。
この分でしたらスキー場のゲレンデ整備は期待ができそう、一日スキーができるのは今日だけですので万全の状況で子どもたちを滑らせてあげたいですね。
ということで今日の朝の集いは外でやることになりました。
パジャマからスキーウェアに着替えて、眠い目をこすりながら正面の駐車場へ移動します。
外はキーンと空気が冷えていて、一瞬で目が覚めました。
昨日までと比べると雲は薄く、青空も覗いていました。今日は最高の状態でスキーができそう。
黒姫スキー場の冷たく新鮮な空気をお腹いっぱいに吸い込みながら、体操とゲームで体をほぐしました。
(山がきれいに見えました)

(山がきれいに見えました)

朝食後はいよいよスキーレッスン、カマキリ・マル・ガミコの班はもう一度再編成のために一緒に動きます。
その他の班はそれぞれのペースで、それぞれの技術にあったコースへと向かっていきました。
さすがに12/29ともなるとゲレンデには多くのお客さんが訪れていましたが、それでもリフト待ちはほとんどなく、快適にスキーが楽しめそうです。
予想通りゲレンデコンディションも最高!たくさん降ってしっかりと冷え込んだ未圧雪エリアも、今日はおもしろそうです。
気温は相変わらず低めでしたが風もなく、時折のぞく青空に心も踊ります。子どもたちは気持ちよさそうにスイスイと滑っていました。
初心者班のずうチームも、朝一番にリフトに乗車。最初は何とかブレーキをかけるのに必死でしたが、あっという間にターンまで覚えて楽しそうに滑っていました。
(安定したターンになってきています)

(安定したターンになってきています)

(初心者班チームも余裕余裕)

(初心者班チームも余裕余裕)

(天気がいいと気分も晴れます)

(天気がいいと気分も晴れます)

小さい学年の子たちは、自分のペースでのんびりと滑り、高学年や上級班は急斜面や未圧雪バーンにも挑戦したりと、それぞれの班のペースで時間いっぱいまでスキーを満喫しました。

ホテルに戻ったら待っているのはお餅つき。黒姫コース伝統のプログラムです。
最初は大人がある程度の状態になるまで先行してついて、続いて順番に子どもたちでつきます。
期待していたはずの中学生男子チームは・・・まったく使い物になりませんでした。
今回もお餅は大人気、豚汁も美味しくてお代わりお代わりの連続でした。
(中学生!しっかりせんかい!)

(中学生!しっかりせんかい!)

(美味しーい!)

(美味しーい!)

食べ過ぎたお餅のことを気にしつつも、午後も全員元気にゲレンデに飛び出していきます。
コンディションは変わらず良好、午後もたっぷりと滑ってホテルに戻りました。
(パークでジャンプをしたり)

(パークでジャンプをしたり)

(ボックスの滑り方も習いました)

(ボックスの滑り方も習いました)

(上級班は急斜面の不整地にも果敢に飛び込みます)

(上級班は急斜面の不整地にも果敢に飛び込みます)

(小さい子もプチパウダーに挑戦)

(小さい子もプチパウダーに挑戦)

(楽しい一日でした)

(楽しい一日でした)

夕食後は夜のプログラム、昨日は部屋の中で思い切り遊んだので、今日は外で思い切り遊ぶことにしました。
夕方になって降り出した雪は外に出ると10cmほど積もっています。
そんな中、ホテルの裏の森へと子どもたちを誘導、森へと向かうスロープの先には真っさらな雪原が広がっていました。
行けー!!!の合図とともに子どもたちは雪原へダイブ、その後は飛び込むは転がるはで大はしゃぎで遊びました。
最後はスロープでの雪中大水泳大会(?)、ほんの30分ほどの時間でしたが、雪と戯れて思い切り遊びました。
部屋に戻ったら、お風呂に入りたい子はもう一度お風呂に、そして日記を書いて就寝となりました。
(夜になっても大はしゃぎ)

(夜になっても大はしゃぎ)

夜も相変わらず雪が降っています。
この雪は朝まで続く予報、明日もふかふかの雪でスキーが楽しめそうですね。
子どもたちはみんな元気いっぱい、この流れのまま最後まで頑張ってきます!
(まだまだ遊び足りないようです・・・)

(まだまだ遊び足りないようです・・・)

 

2017年12月29日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama

12/28黒姫コース

天気 雪
今日も一日雪が降り続きました。
ただ昨日と比べると雪の降りも弱くなり、時おり青空も見えるようになり天気も回復傾向に向かっているようです。
気温は相変わらず低い状態、夕方になると風も強く吹き出したので、かなり寒い中でのスキーとなりました。
それでも気温は低く、ずっと外にいるとかなり辛く、レストハウスで途中休憩をとりながらのレッスンとなりました。
(最高の雪!最高のスタートです)

(最高の雪!最高のスタートです)

アドバンスコースの3日目、そしてスタンダードコースの初日となりました。
黒姫スキー場は朝早くから圧雪車の音が聞こえています。今日は気持ちのいい状態で滑れるかな?
今朝も6時45分に起床、雪が降り続いていたので今日も室内でのストレッチングで体をほぐしました。
低い気温と重たい雪の中を滑った2日間、アドバンスコースの子どもたちもそろそろ疲れがたまってくる頃です。
しっかりと体調を整えて最後まで元気に過ごしてもらいたいですね。
朝食時も相変わらず雪が降り続いていましたが、昨日と比べると空は明るく、雲が薄くなってきたような感じです。
さあ全員元気にスキーに出発です。
その頃、スタンダードコースの子どもたちも元気に東京駅へ集まってきました。
アドバンスコースはほとんどが男の子でしたが、スタンダードコースは女の子中心、到着がギリギリになってしまった子もいましたが、全員無事に合流して黒姫スキー場へ向かいます。
(さあ出発だ!)

(さあ出発だ!)

(新幹線の中でも楽しく遊びます)

(新幹線の中でも楽しく遊びます)

軽井沢駅で1名合流、上田駅でスタッフのずうが合流、そして長野駅でお迎えのゆうえんちと合流して在来線に乗り換えて黒姫駅に向かいました。
長野駅は一面雪景色でしたが青空が広がっていて気持ちのいい天気、それがほんの15分程も走ると雪雲に覆われてきてちらほらと雪が舞ってきました。
さらに送迎バスで黒姫スキー場に向かうと、本格的に雪、そして雪景色が広がっています。
積雪は2mを超えているか?この時期には珍しい降雪量です。
(アドバンスチーム、だいぶ乗れてきましたね)

(アドバンスチーム、だいぶ乗れてきましたね)

(気持ちのいい雪です)

(気持ちのいい雪です)

今日からお世話になる黒姫ライジングサンホテルに到着すると、アドバンスコースの子たちが迎えてくれました。
全員そろっての初めての昼食は、みんな大好きなカレーライス。
アドバンスの子はたっぷりスキーをやったので、またスタンダードの子は朝が早かったので、みんなよく食べておかわりもよくしていました。
(大人数の食事は楽しいですね)

(大人数の食事は楽しいですね)

そしていよいよスキーの始まりです。
(スキーの前にしっかり体をほぐします)

(スキーの前にしっかり体をほぐします)

今回のスタンダードコースの子たちは初めてスキーをはく子が3名、その3名はゲレンデ下部でずうと一緒に、今日はリフトを使わず入念にブレーキのかけ方の練習をしました。
みんななかなか筋が良く、明日は朝一番でリフトに乗れそうです。

(初めてのスキーに大はしゃぎ)

(初めてのスキーに大はしゃぎ)

(雪に埋もれるのも楽しい~)

(雪に埋もれるのも楽しい~)

ゆっくりとプルークボーゲンで滑ることができる子は、今日はくみちょー、まっきーと初級者用のリフトを使っての足慣らしをしました。
またしっかりとプルークボーゲンができる~足が揃うようになってきている子を3つに分けて、まる、カマキリ、ガミコが4人乗りリフトを使って初日から長い距離を滑りました。
GTO班は引き続きアドバンスコースの子たちの班、そしてピースケはシルバー以上の技術の子たちと一緒に滑りました。
(青空も見えて、気持ちのいい初日のスキーでした)

(青空も見えて、気持ちのいい初日のスキーでした)

雪は小康状態となってきましたが、時折強く風が吹き出し、かなり冷え込みました。
そんな中、どの班も時間いっぱいまで頑張って滑って、みんな元気にホテルに戻ってきました。
ホテルに戻ったらお風呂に入って体を温め、夕食をお腹いっぱいに食べました。
年長さんの中にはその頃には目がトローンとし始める子も。
(夜はゲームで大盛り上がり)

(夜はゲームで大盛り上がり)

(今年も力作ぞろい)

(今年も力作ぞろい)

今日の夜は大人数になったので、大広間での夜の集いとなりました。
まずは班ごとに自己紹介、そして1時間ほどのゲーム大会で大盛り上がりでした。
明日は終日スキーとなります。雪のコンディションも良さそうなので子どもたちもメキメキ上達しそうですね。
人数も増えて、特に小さい男の子たちはテンションが上がり気味。そこも抑え気味に明日も元気に頑張ってきます。
(明日も頑張るぞー)

(明日も頑張るぞー)

 

2017年12月28日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama

12/28木島平アドバンスコース

天気:雪時々曇り(晴れ間が見える時間帯も多かった)
昨夜から朝にかけて更に積雪が増加。
夜が明けて以降は徐々に雪の降り方が収まってきて、日中は青空が見える時間帯も増えた。
ゲレンデは乾雪が柔らかく均されて大変滑りやすい条件。
視界が開けた為、より積極的な滑りができた。

(朝)

(朝)

(午前)

(午前)

(午前)

(昼)

(午後)

(午後)

(夕刻)

(夕刻)

一日の概要:木島平アドバンスコース三日目。スペシャルクルージングデー。
子どもたちが一日の行動計画を立てて自由に、主体的に過ごす特別デー。
隣接する別のスキー場へと滑りに行ってみたり、スキー班の垣根を越えて合同滑走をしたり、温泉スパに行ったり、ゲレンデ内の好みの飲食店で食事をしたり、お土産を買いに行ったり。
スキーを雪上移動用具として使いこなし、様々な目的の為に動き回った一日。
漫然と滑るだけでなく、子どもたちなりにテーマやモチベーションを見出して滑走。
スタッフが主導権を握る“レッスン”や“講習”とはまた違った観点から上達の道筋を見つけることができたかな。

(スペシャルクルージングデー、最高!)

(スペシャルクルージングデー、最高!)

(イルカのように、自由に)

(イルカのように、自由に)

 

キャンプも中日となる三日目を迎えた。
昨日からの積算降雪量はかなりのものとなった。
ドムハウスの周囲は、雪が積もったというよりも、“雪に埋もれた”と表現する方がふさわしい景観。

(ドムハウスはこんもりとした雪に覆われた)

(ドムハウスはこんもりとした雪に覆われた)

(こんなに雪が降りました~)

(こんなに雪が降りました~)

起床6時半。朝の集い7時。
スペシャルクルージングデーに向けた最終確認。
「時間と空間を自由に使いこなして、スキー班の仲間と共に楽しく安全な一日を!」
「どんな一日にするか、全て君たちの自由であり、君たちの責任!」
朝食後の8時以降は17時半の夕食まで全員が顔を合わせることはない。

4つのスキー班の一日の行動を簡単に振り返ってみよう。
それぞれ好き勝手にアチコチで過ごしていたので、全容を掴むのは難しいかったけど…
一日を終えて夕食時にいろいろと話を擦り合わせてみた結果、以下のように過ごしたことが判明。

 

そんそん班(グリーン~ブルーバッチ相当/4名)
朝一番、リフト営業開始と同時に滑走開始。
最上級班のお姉さんたちに「一緒に滑って!」と誘ってみたんだって。
念願の合同滑走。飛び入りでみいら班も加わってパウダーラン&セッション。

(最上級班と一緒に)

(最上級班と一緒に)

171228_kijimadaira_18

10時半にパノラマランドの温泉スパへ。巨大なお風呂で朝風呂。もちろん貸切。こんな時間に風呂に入ってる人、他にいないよね。
私しじみも誘われたので男3名で大きな風呂で泳いだ。

(ひと滑りして朝風呂!!)

(ひと滑りして朝風呂!!)

(旦那方、一本つけましょうか?)

(旦那方、一本つけましょうか?)

風呂上がりに売店でお土産を買って昼食。

(パノラマランドの大きなお風呂、独占でした!)

(パノラマランドの大きなお風呂、独占でした!)

(お土産、何にしようかな?)

(お土産、何にしようかな?)

午後はひと滑りした後は雪遊び。かまくら作って、滑り台作って。
子どもたちが予定を組み立てただけあって、セオリー無視!だけど、それはそれでとってもナイス!

171228_kijimadaira_20

171228_kijimadaira_21

(納得の一日、だったかな?)

(納得の一日、だったかな?)

 

みいら班(ブルー~シルバー相当/8名)
朝は他の班が出発を急ぐ中でノンビリ構えて9時頃に出動。
どうやら新雪の中で板を履くのがヘタクソ過ぎて出遅れただけらしい。

(マイペース、マイペース)

(マイペース、マイペース)

その後は最上級班やそんそん班と合同滑走。勢いよく新雪帯に突っ込んで期待通りに爆裂。

(スキー班の枠を超えてセッションする楽しさもクルージングデーならでは)

(スキー班の枠を超えてセッションする楽しさもクルージングデーならでは)

(トレイン滑走ではなく、自由に、自分だけのラインで滑ろう)

(トレイン滑走ではなく、自由に、自分だけのラインで滑ろう)

(遮るもののない場所へと向かうべし)

(遮るものな何もない!どんどん滑っていけ)

スットコドッコイながらも、今日一日を過ごす上でのモチベーションはとても高く意欲的。
「スキーでジャンプをしたい!」
「自分たちでエア台を作る!」
そんな希望もあったのでスコップをもってジャンプ台作り。

(この辺りを整備してジャンプ台作ろうか)

(この辺りを整備してジャンプ台作ろうか)

(お、いい感じかも)

(お、いい感じかも)

(最上級班のお姉さんたちもジャンプ台の出来栄えを絶賛してくれた)

(最上級班のお姉さんたちもジャンプ台の出来栄えを絶賛してくれた)

最上級班と一緒に人気のステーキハウスで食事をし、ジャンプ台で遊んで、夕方はパノラマランドの温泉スパへ。
リフトが止まる寸前、16時45分の最終便でようやく帰還。
よく遊び、よく食べ、よく遊んだね。

(ここにスキー板があるということは…)

(ここにスキー板があるということは…)

(やっぱりココにいたか)

(やっぱりココにいたか)

(昼はガッツリメシですか)

(昼はガッツリメシですか)

(さてと、お風呂セットを担いで…)

(さてと、お風呂セットを担いで…)

(みんなで温泉まで滑っていきますか!)

(みんなで温泉まで滑っていきますか!)

(風呂上りもジャンプ! 日が暮れたぞ~)

(風呂上りもジャンプ! 日が暮れたぞ~)

 

やまと班(シルバー~スーパーシルバー相当/8名)
朝一番に出発した後は、連絡コースを滑ってお隣のスキー場「牧の入スノーパーク」へ。
未知のエリアを滑走し、今までとは違った雰囲気を味わった。

(お隣の牧の入スキー場も滑ってきました)

(お隣の牧の入スキー場も滑ってきました)

お昼頃に木島平エリアに帰還。
昼食はパノラマランドのレストランで各々好きなメニューを注文。
なぜか“フライドポテトだらけ”になっていたが…

(お待たせしました、フライドポテトです)

(お待たせしました、フライドポテトです)

(更にフライドポテトです)

(更にフライドポテトです)

(ジャンキーです)

(ジャンキーです)

午後は私しじみにお誘いの声をかけていただいたので一緒に滑走。
今まで滑走できなかったエリアへ。
オフピステ(非圧雪)でのぶっ飛び気味の滑り方ばかりだったけど、、コレが“イルカ流”ってやつさ。

(当たり前のコースやルートなんか滑らない)

(当たり前のコースやルートなんか滑らない)

(臆せず突っ込め!)

(臆せず突っ込め!)

(いけいけ!)

(いけいけ!)

(飛べ飛べ!)

(飛べ飛べ!)

(スキーは直滑降に始まり、直滑降に終わる)

(スキーは直滑降に始まり、直滑降に終わる)

(今日は細かい事抜きでたくさん雪と戯れよう)

(今日は細かい事抜きでたくさん雪と戯れなさい)

夕刻はみいら班と一緒に温泉スパへ。日が暮れて暗くなる頃、ようやくご帰還。

(泳いで帰るか)

(イルカのように泳いで帰るか)

 

最上級班(~スーパーゴールド/4名)
レディースチームは後輩たちに大人気。
「一緒に滑って!」って声をかけられてまんざらでもない様子。ヘタなところ、見せられないよなぁ。
午前中はスタッフ見習いの如く、小学生たちを牽引して滑走。

(良き手本であれ)

(良き手本であれ)

171228_kijimadaira_56

それで心身共に力尽きたか… 人気のステーキハウスでスタミナ付けた割には午後はソリで滑って遊んでいるという…

(…毎度のことで、もはやツッコむ気にもなりません)

(…毎度のことで、もはやツッコむ気にもなりません)

その後、いよいよエンジンをかけて始動か! …と思いきや温泉入浴へ。
結局そんな感じで日が暮れた。
とは言え、案外見えないところで気合入れて練習してたのかも!?
新雪をより快適に滑る為、私たちスタッフから「ファットスキー」を借りて滑ってみたり、様々なマテリアルを試す機会にも恵まれた。

(我々スタッフの”愛機”ファットスキーを試し履き)

(我々スタッフの”愛機”ファットスキーを試し履き)

 

17時半。
一日を無事に終えて全員揃っての夕食。
自由に過ごしたスペシャルクルージングデー、全員が“悔いのない過ごし方”が出来たとのこと。

(みんな無事に再会できてよかった クルージングデー談議に花咲く夕食)

(みんな無事に再会できてよかった クルージングデー談議に花咲く夕食)

今日の体験を経て一段とメンバー同士の距離が縮まった模様。
食後は誰が誘うともなく、全員が居間に集まって遊びだした。
性別や年齢差に全くこだわらず皆和気藹々。
カードゲーム、ビリヤード、花札、ダイスゲーム…なんだかカジノか、ラスベガスみたいな感じになっちゃったけど、、、必要以上に大盛況だった。

171228_kijimadaira_48

171228_kijimadaira_50

171228_kijimadaira_13

171228_kijimadaira_12

171228_kijimadaira_14

171228_kijimadaira_49

一日のケジメとしてスキー班ミーティングを実施。
ちゃんと気持ちの切り替えができるあたり、アドバンスコースの自覚が成せる業。
今日のふりかえりを含め、明日の検定要綱やレッスン目標を確認。

171228_kijimadaira_15

当コースも3日目を終えて折り返し地点。
明日4日目は様々な意味で難易度の高い日。
今ある調子の良さや気分の良さを損なわぬようにしつつも、また初心に戻るべき段階。
それではまた明日。

※ナイタースキーは明日の夜に実施します!

(やれやれ!全てやり尽くしたから寝るか!)

(やれやれ!全てやり尽くしたから寝るか!)

2017年12月28日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo

12/27木島平アドバンスコース

 

天気:雪 昨夕から降り続いた雪は朝までに50㎝、その後夜に至るまでに更に積雪量は急増。
木島平村を含めて長野県北部の多くの地域で大雪警報が発令される。
一日を通して雪が強く降り続き、滑走時間中も常に積雪は増していった。
気温は-3℃前後、質の良い乾雪だったが余りにも積雪量が多く、滑走時に非圧雪帯に突っ込むと大人でも身動きが困難に。

(一晩でずいぶんと積もったなぁ)

(一晩でずいぶんと積もったなぁ)

一日の概要:木島平アドバンスコース二日目。
大雪の中でのスキーレッスン。新雪がドッサリと積もったゲレンデを滑走。
午前3時間、午後2時間のレッスン。
夕方は雪深い山奥の「馬曲温泉」へ。

(いよいよトップシーズン突入)

(いよいよトップシーズンに突入)

キャンプ二日目。
深夜から朝にかけて、ドムハウスの屋根から雪崩の如くゴゴゴゴゴッと音を立てて雪が滑り落ちていく音を何度も聞いた。
雪は一晩中降り続いたのだろう。
起床時(6時頃)はまだ窓外は暗く、外の様子は見通せないが、何となく「コリャ積もったな…」というのが分かる。

(屋根から落ちた雪が窓を圧迫する前に雪かきをしなくてはならない)

(屋根から落ちた雪が窓を圧迫する前に雪かきをしなくてはならない)

暖房をつけたばかりの館内は深々と寒く静か。
6時半を過ぎてようやく一人二人と廊下に出てきて洗面や身支度をする気配が。

7時、朝の集い。
「日常から離れたスキー合宿は、1分、或いは1秒が経過するごとに体調は崩れていく。どのタイミングで、どのような手段で崩れを食い止めて元に戻すかが個々の課題」
「挨拶と返事は生活の基本。指摘されなくても自発的に!」
以上を全員で確認。
当たり前のことが当たり前に出来ると良いが、行動が伴わない内(スタッフが常に指示を出している内)はまだまだスタンダードコースレベル。

(どんな服装、格好で朝の時間を過ごすかによって体調も変わってくるんだよ)

(どんな服装、格好で朝の時間を過ごすかによって体調も変わってくるんだよ)

朝食時に食堂の大きな窓の外(ゲレンデ)を見ると、何度も圧雪車が往復してコースを整えている。
しかし圧雪をしてもどんどん雪は降り積もっていく。

(食事をしながらも窓の外のゲレンデ状況が気になって仕方ない)

(食事をしながらも窓の外のゲレンデ状況が気になって仕方ない)

(食事中に席を立ってフラフラ外に出ちゃうディレクター)

(食事中に席を立ってフラフラ外に出ちゃうディレクター)

虎視眈々と朝一番の新雪滑走を狙って準備を進めるスタッフ。
その気配を察知して8時半前にはブーツを履いて外に出ようとする子どもたち。
…まだスキー場の営業が始まってませんけど。

(まだリフトが動いていないのに…気が早いんだから)

(まだリフトが動いていないのに…気が早いんだから)

(ドムハウスの玄関前で一日のレッスンが始まる)

(ドムハウスの玄関前で一日のレッスンが始まる)

リフト運行開始と同時に乗り場に向かって滑り込んでいく一同。
それでは、お待たせしました。各スキー班を紹介。

そんそん班(グリーン~ブルーバッチ相当)
男女混合4名のグループ。
ドルフィングリーンバッチ所持者が3名と初参加の子が1名。
グリーンバッチといっても遥かにその基準は超えており、滑走速度や運動の質、レッスン内容はブルーレベルに匹敵。
滑っている斜面や滑走量は他の班と変わらず。
今日は深い新雪ゾーンにも臆せず突っ込んでいき、フォールラインに向かう積極的な滑走を見せた。

171227_kijimadaira_29

171227_kijimadaira_31

171227_kijimadaira_2

171227_kijimadaira_21

171227_kijimadaira_41

 

みいら班(ブルー~シルバーバッチ相当)
勘と勢いでどんな場所でも〝滑り抜こうとする”ギャング8名のチーム。
年齢の割になまじ滑走経験が多いだけに「自分はウマい!できるはず!」という怖いもの知らずの気質が漂う。
新雪の中で次々と転び、何度もつまらないミスを重ねても、屈託なく笑って蘇ってくる強さがある。
課題は「スタッフの後を勢いよく付いていくだけの滑走ではなく、自分の実力だけで斜面に向かっていけるか」だろう。
私しじみから「頭の中、空っぽで滑ってるな!」と言われてもめげない愛すべきドルフィンっ子たち。

171227_kijimadaira_9

171227_kijimadaira_4

171227_kijimadaira_3

171227_kijimadaira_42

171227_kijimadaira_43

 

やまと班(ブルー/シルバー~もしかしてスーパーシルバーになれるかも!?相当)
こちらも8名と賑やかなチーム。今回はブルー~シルバーの、次の時代に向けたジュニアスキーヤーが多く集った。
みいら班よりも年齢層の高い子たち(4~5年生が中心)が集まっており、体格(身長や骨格)がだいぶ成長してきている。分かりやすく言えばパワーの違いが顕著。
技術論・運動論に対する理解力も高まり、レッスン時にスタッフが使う語彙の幅も明らかにみいら班とは異なる。
今回、当キャンプに携わっている、やまと、たにし、みいら、そして私しじみが何度も何度もレッスンを担当してきた子たちだけに滑りも性格も熟知。
「ああ、この子たちがとうとうこのレベルにまで達してきたか…」と感慨深いものが。

171227_kijimadaira_23

171227_kijimadaira_25

171227_kijimadaira_24

171227_kijimadaira_26

171227_kijimadaira_27

 

最上級班(~スーパーゴールド)
今回はこじんまりと4名。
レディースチーム。
たにしと、木島平プロスキースクール西山コーチが交互に担当。
今日のスキーレッスン中は「会話は全て英語だけ!」と決めて一日を過ごした。
滑りの自己主張は強いけど、意外と〝乙女”で自己発信が苦手なメンバーだけに、かえって英語だけの方が会話のキャッチボールが弾んだかも!?
今日の経験を経て、最上級班としての存在感がようやく強まってきた。

171227_kijimadaira_32

171227_kijimadaira_34

171227_kijimadaira_36

171227_kijimadaira_35

171227_kijimadaira_38

大雪警報が発令されるドカ雪の中でみんなよく滑った。
深い雪の中で運動したので、昨日よりもだいぶエネルギーを消費したはず。
気持ちとは裏腹に疲労も溜まっただろうから、15時半でレッスンを終了。
みんな怪我をすることなく、寒さの中でも笑顔が弾けるレッスンとなったのはメンバーの前向きな気持ち故だろう。

171227_kijimadaira_11

171227_kijimadaira_10

171227_kijimadaira_12

171227_kijimadaira_13

171227_kijimadaira_14

171227_kijimadaira_44

171227_kijimadaira_45

171227_kijimadaira_16

夕方はみんなで山奥の馬曲温泉へ。
例年のキャンプであれば夕食後に出かけるが、初めて夕方の日没前に温泉ツアー。
今日はあまりにも豪雪となり、気温が下がったので、みんなで内湯に入って身体を芯から温めた。
私たちだけの貸切風呂で、おまけのソフトクリームを含めて大満足のツアーだった。
ちなみに行き帰りの送迎車内はカラオケ大会か紅白歌合戦さながらにみんなが歌を唄って(絶唱!)、町内会の宴会ツアーのようでもあった。
みんなご機嫌で盛り上がったから良しとするか。

(山奥の温泉に行きますか)

(山奥の温泉に行きますか)

(お待たせしました!マル秘写真です)

(お待たせしました!マル秘写真です)

171227_kijimadaira_19

171227_kijimadaira_20

一日でかなりの雪が積もった。
昨日とは全く別の場所にいるようだ。
明日はスペシャルクルージングデー。
メンバーが主体的に計画を立てて自由に過ごす一日。
朝からナイターに至るまで、時間と空間をどう使うか、そのセンスと行動力を見てみることにしよう。
私しじみは…明日は朝から二度寝をして、昼飯食って、温泉行って、ソリで遊んで、テレビ見て、お土産でも買って、ナイタースキーは気分次第で滑ってみよう、、かな。

171227_kijimadaira_17

(あれぇ?車、どこいった??)

(その前にウチの子たちはどこいった??)

(その前にウチの子たちはどこいった??)

2017年12月27日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo

12/27黒姫コース

天気 大雪
雪が止むことのない一日でした。
時折強くなる雪で視界の悪いゲレンデ状況でしたが、風がほとんどなかったのが幸いでした。
それでも気温は低く、ずっと外にいるとかなり辛く、レストハウスで途中休憩をとりながらのレッスンとなりました。
(朝から入念に体をほぐします)

(朝から入念に体をほぐします)

昨日から降り続いた雪は朝になってもやまず、80~90cmほどは積もったでしょうか。
ホテル前の除雪もままならないほどでしたので、朝の集いは室内でストレットをおこないました。
朝食時にも相変わらず強い雪が降っていて、風も時折強く吹くようになりました。
これは辛い一日になりそうです。
(しっかりと栄養補給です)

(しっかりと栄養補給です)

昨日にもましてあたたかい服を着こんで、完全装備でスキーに出かけました。

相変わらず雪が降り続き、また時折強く降るもんですから視界が悪く、ホワイトアウトに近い状態にもなっています。
圧雪と未圧雪の境目もわかりずらくなっているので、慎重にスタートすることになりました。
ただラッキーなことに、先ほど強く吹いていた風はほとんど感じず、気温は低かったものの予定通りのレッスンができそうです。
いつものようにホテルの裏からスキー場へ向かいます。
道路を渡ってゲレンデに向かうのですが・・・何とそこまで圧雪が間に合わず、30m程の距離を大人の腿ぐらいの新雪ラッセルをしてスキー場までたどり着きました。
十分すぎるほどの準備運動でしたね。
昨日と同じく3つの範囲分かれてのスタートとなりました。
昨日よりは一般のお客さんが増えたかな?といった感じでしたが、大きな団体はまったくおらず、昨日と変わらずストレスなくレッスンをすることができました。
(雪が多くて、板をつけるのも一苦労です)

(雪が多くて、板をつけるのも一苦労です)

メインのコースは圧雪はかかっていたものの、その上からさらに新雪が積もっているため、スキー場全体がパウダー状態。
もともと圧雪が入っていないコースにいたっては、腰ほどの雪に埋もれるような状態でした。
当然レッスンは新雪の中でおこなわれます。
最初はバランスを崩し気味な子どもたちですが、すぐに足場がしっかりとしてきて、新雪もこなせるようになってきました。

途中休憩もとりながら、予定通りに午前のレッスンが終了。
ホテルに戻って昼食となりました。
(大雪の中でも元気いっぱい!一人ゆうえんち班)

(大雪の中でも元気いっぱい!一人ゆうえんち班)

外が寒かったもんですから、お腹もペコペコ。みんなしっかりと食べていました。

昼もしっかりと休憩をして、13時半にスキー出発。
昨日から体調を崩していた子も調子を取りもどし、他の子どもたちと一緒に元気にホテルを飛び出していきました。
外は相変わらずの雪、さらに積雪も増えてきています。
午後も新雪や荒れたバーンでのレッスンとなりましたが、子どもたちもだいぶ慣れてきたようで、安定した強い滑りを身につけてきたようです。
レストハウスの休憩後に、GTO班とゆうえんち班が合流。みんなで一緒に滑ることにしました。
ピースケ班もだいぶ雪に慣れてきて、力強く斜面を降りてきます。
(ピースケ班の滑り)

(ピースケ班の滑り)

DSCN1773

DSCN1774

DSCN1775

DSCN1776

そして本日のスキーが終了、午後のスタート時よりもさらに20cm以上の雪が新たに積もり、滑っているときよりも帰りの道の方が苦労をしました。
夕食後は昨日と同じくスタッフ部屋に集合、今日撮影した子どもたちの滑りの映像を皆がら、個々にアドバイスを受けていました。
早い時間に解散をして、消灯時間までそれぞれ自由に過ごしました。
(しっかり休憩もとって元気いっぱい)

(しっかり休憩もとって元気いっぱい)

子どもたちの体調は万全、全員元気に過ごしています。

明日はスタンダードコースの子が合流、スタッフを入れて総勢50名の大所帯となります。
また違った雰囲気の黒姫後半戦になりそうですね。
スタンダードコースに来るみんな!こちらは雪がたっぷり(たっぷりすぎますね)、コンディションも万全ですよ!
みんなと会えるのをたのしみにしています。
2017年12月27日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama

12/27安比コース

天候:吹雪 気温マイナス11℃
最終日を迎えました。子どもたちは元気に過ごしています。
(薄日が差して幻想的)

(薄日が差して幻想的)

朝風呂にいくなど生活に余裕もでてきましたが今日のスキーは午前中のみ、午後は東京に帰らなくてはいけません。
スキーはドルフィン検定をレッスン内に行います。

朝食バイキングも慣れたものでどこに何があるかわかっているので配膳もスムーズ、スキー準備も小学1年生も慣れたものです。チェックアウトのため荷物はまとめてスタッフ部屋へ。
外は吹雪です。強風のためゴンドラは運休、そのためリフトを乗り継いで検定場所へ、私たちが乗車した後、さらに風が強まったため乗ってきたリフトも運休になり練習無しの1発本番で検定です。
(パラレルターンも様になってきました)

(パラレルターンも様になってきました)

圧雪された上に10㎝程の新雪が積もり
見た目は誰も滑っていないため平滑な圧雪バーンに見えますがそのつもりで行くと失敗します。
案の定、新雪に足をとられる子が続出、見ていて面白かったです。
経験を積んでオンサイト(初見)での斜面と雪質を見極める力を今後つけたいものです。
検定後はあまりの寒さにレストハウスで休憩後、最後に少し滑って宿へ帰りました。
PC272650
PC272649
PC272648
PC272647
PC272646
ホテルではスキー用具の片付けと宅急便などの発送手続きをすまして最後の食事をとり、食後はバッジテストの発表です。
路線バスで盛岡駅へ、新幹線で東京へ帰ります。車内では仲良くトランプゲームをしています。
5日間、健康に過ごすことができました。クリスマス~年末と本格的な冬の天候でしたが寒い中よくがんばりました。
「空で鳥が自由なように、海でイルカが自由なように」ドルフィンキッズたちには大きく羽ばたいてほしいものです。
また来年!
安比コース 秋山和正(カマキリ)
2017年12月27日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : jkoyama

12/26木島平アドバンスコース

天気:晴れ(時々小雪舞う)~15時を境に本格的な雪。
長野県北信飯山地方は日中は穏やかな青空が中心の空模様。
時折、遠方の雲から風に運ばれた雪が宙を舞うものの、体感温度は高くウェアの下は薄着でもOK。
木島平スキー場の圧雪バーンは平滑で、雪質もほどほどに締まっており大変滑りやすいコンディション。
15時頃から雲が低く垂れこめてきて、徐々に雪の降り方が強まり視界が狭くなってきた。
トップシーズンに比べてまだまだ積雪量は多くないが、ここから先は日々降雪量が増すと思われる。

(“爆弾低気圧”や”北日本や北陸は荒れ気味”という予報とは無縁な感じが…)

(“爆弾低気圧”や”北日本や北陸は荒れ気味”という予報とは無縁な感じが…)

(夕刻以降は雪が降り続いている)

(夕刻以降は雪が降り続いている)

一日の概要:木島平アドバンスコース初日。
参加者24名(男子9名+女子15名)によるキャンプ。
中高生を含めてスキー&ドルフィンキャンプの経験が豊富なメンバーが揃ったが、世代交代の波が押し寄せてきたのか、例年よりも“若返り”した印象。
「自由と自立」を合言葉に掲げて過ごす5日間。
個人の自由とは表裏一体にある「責任と他者への思いやり」に気付いて行動ができるか。
5日間のキャンプがスタートした。

(何度も共に滑ってきたメンバーだが…風格が出てきたかな)

(何度も共に滑ってきたメンバーだが…雪上での立ち姿に成長を感じるよ)

早朝7時前から東京駅には続々と参加者が集合。
今年は小学2~4年生の占める割合が多いか。
ちょうどスキーが面白くなり始めた頃だろう。
保護者の方の後押しがなくとも、自分の意思で「スキーがしたい!キャンプに行きたい!」と前向きに参加を希望する子が多い。
2泊スタンダードコースからグレードアップして当コースの門を叩いた者もいる。

(アドバンスの名にふさわしい行動がとれるか)

(ガンバレ白組)

(紅組の方が勢力が強い?)

(紅組の方が勢力が強い?)

近年の中では年齢層は低い印象。
スキーキャンプを塾や水泳教室などと並列の“習い事”の一環と捉える向きもあるだろうが、木島平アドバンスコースは更にその先をいく。

(東京から2時間で到着)

(東京から2時間で到着)

中学生&高校生の最上級班は着実に世代交代の波が押し寄せている。
女性ばかりではあるが、彼女たち中高生の存在は非常に重要で、当コースの指針となれるか…期待したいところ。

(代々”女王”を輩出してきた最上級班、果たしてそのバトンを受け継ぐのは!?)

(代々”女王”を輩出してきた最上級班、果たしてそのバトンを受け継ぐのは!?)

北陸新幹線は順調に走り、10時半には木島平スキー場内の寄宿地であるドムハウスに到着。
今冬は雪の降り始めが早く、一時的に寒気が強まる日々もあり、各地のスキー場は予定通りに続々とオープン。
木島平スキー場は… 今年は大丈夫か!?

(飯山駅より木島平方向を臨む)

(飯山駅より木島平方向を臨む)

クリスマス直前に急に気温が上がり、雨の気配が漂った時はちょっと焦ったが…
圧雪したバーンが“根雪”になりつつあるので、積雪量は少なくともゲレンデのメインコースは全面滑走可能となった。

(おお!木島平、白いぞ!一応)

(おお!木島平、白いぞ! 一応)

(予定通り、木島平入り 早く滑りたいな)

(予定通り、木島平入り ゲレンデはメインエリア全面滑走可能!早く滑りたいな)

(重たい荷物を雪上車で運搬しつつ、ゲレンデコース上のドムハウスへ)

(重たい荷物を雪上車で運搬しつつ、ゲレンデコース上のドムハウスへ)

ペンション着後に早々にレンタルブーツのサイズ合わせを済ませる。
レンタルと侮ることなかれ。
ドムハウスのブーツはフロントバックルの本格式。
ちなみに我々スタッフもドムハウスに来たときは、スキー板やブーツをレンタルして様々なモデルを試乗させてもらう。
ロケーション(立地)はもちろんだが様々な点でスキーをするには最高の環境だ。

171226_kijimadaira_32

(どの板を履いてみようかなぁ?)

(どの板を履いてみようかなぁ?)

まずは全体ミーティング。
「過去のミス、今までのキャンプで辛かったことや困ったこと、キャンプ中に怪我や病気をしたこと、スタッフに叱られたり注意された時のこと、先シーズンの滑りやバッチを認定された時の気持ち、スキー連絡票に書かれた『今後の課題』などなど…前に進む為に一度思い返してみよ。」と全員に投げかけた。
シーズン初頭に際して、アドバンスコースがその名の通り前に進むには失敗を教訓に変える必要がある。

(自分の安全、仲間の安全、心と身体の安全、その上で…とことん滑るべし!)

(自分の安全、仲間の安全、心と身体の安全、その上で…とことん滑るべし!)

(以前の自分と向き合ってみる)

(以前の自分と向き合ってみる)

(頭を使うと腹が減る…)

(頭を使うと腹が減る…)

昼食は少し早めの11時。
そしてレッスン開始は12時半。
スキー班は綺麗に四つに分かれた。
スキー班の特徴、見どころなどは明日の活動日記に掲載予定。
今日は写真でちょっとばかりレッスンの様子を紹介。

171226_kijimadaira_6

171226_kijimadaira_24

171226_kijimadaira_36

171226_kijimadaira_7

171226_kijimadaira_2

171226_kijimadaira_28

171226_kijimadaira_30

171226_kijimadaira_29

171226_kijimadaira_14

171226_kijimadaira_27

171226_kijimadaira_8

171226_kijimadaira_9

171226_kijimadaira_13

171226_kijimadaira_11

171226_kijimadaira_12

レッスン開始から2時間半、15時に一旦ドムハウス前に全メンバーが帰着。
順調に足慣らしが済んで、みんな調子が出てきた。
この後、リフト営業が終了する16時半頃までをリミットに、滑走を続けたい子は更にレッスンを継続。
ドムハウスはゲレンデのコース脇に立地しているので、自分のモチベーションと体力を図りながら、好きなタイミングでレッスンを切り上げることができる。
「あと1本だけ滑る」
「1本滑ってみて、まだ行けそうなら行く」
「最後の最後まで滑る」
などなど、個々に判断をして初日のレッスンを切り上げた。
半日レッスンと言いつつ、最低でも2時間半、最長で4時間も滑り、満足を通り越してスタッフは早くも疲労困憊か…

(徐々に雲が下りてきて雪になりつつある)

(徐々に雲が下りてきて雪になりつつある)

夕食までの約1時間半の間は入浴と休息の時間。
ドムハウスの居間には自然と人が集い、カードゲームをしたり、ミニビリヤードをしたり、スタッフと会話をしたり、いつものように気楽で屈託のない時間を過ごした。

(混沌としているけど…ま、みんなリラックスしていい雰囲気ですね)

(混沌としているけど…ま、みんなリラックスしていい雰囲気ですね)

171226_kijimadaira_41

171226_kijimadaira (15)

18時から夕食。
さすがアドバンスメンバー。出された食事をきちんと食べようとする姿勢の子が殆ど。
言わずとも分かっているね。感心感心。

(ドムハウスでの夕食)

(ドムハウスでの夕食)

171226_kijimadaira_40

食後はスキー班ミーティング。
今日のふりかえり、明日一日の予定確認、目標設定、技術的な悩み相談などなど。
締めくくりに恒例のスキー班対抗のゲームを経て一日の活動を終えた。

171226_kijimadaira_37

171226_kijimadaira_38

171226_kijimadaira_17

171226_kijimadaira_18
生活班ごとに就寝時間を決めて、健康管理の為の必要事項を個々に確認して21時には消灯。
ひとまず初日はスタッフが時間をコントロール。
徐々に、子どもたちの自由に任せられるだけの雰囲気が漂ってくれば良い、、かな。

明日は滑って滑って滑って滑って、、温泉!

(スタッフは日々使い捨てにして入れ替えるか、温泉に漬けないと5日間持ち堪えられそうにない)

(スタッフは日々使い捨てにして入れ替えるか、温泉に漬けておかないと5日間持ち堪えられそうにない)

2017年12月26日 | カテゴリー : 活動日記 | 投稿者 : s_endo